おすすめ英語教材

Audibleで英語学習|TOEIC満点がおすすめ作品・使い方を徹底解説

2021年6月28日

Audibleで英語学習|TOEIC満点がおすすめ作品・使い方を徹底解説

アマゾンのオーディオブックサービス、Audibleを英語学習に使っている人が多いって聞いた。
どんな風に使えばいいのか、どんな作品がおすすめなのか、教えてください。

 

このブログを運営している、よし (@yoshiblog0721)です。
独学で工夫しながら英語を学んでおり、TOEICは満点を取得しています。
Audibleを使った英語学習について、分かりやすく解説していきますね。

YOSHI

 

Audible(オーディブル)は、アマゾンが提供している「本を聞く」サービスで、オーディオブックとも呼ばれますね。

元々アマゾンがアメリカの会社ということもあり、英語のコンテンツが多数ラインナップされています。

 

以前はビジネス書を通勤中に聞いたりする方が多かったようですが、最近では英語学習に活用する方も増えていますね。

そんなAudibleの使い方を、実際によく利用している僕が解説していきます。

 

そもそもAudibleって?

まずは、アマゾンのAudibleというサービスについて、もう少し詳しくご紹介します。

 

アマゾンが提供するオーディオブックサービス

冒頭でもご紹介した通り、アマゾンが提供する本を耳で聞くためのサービスになっています。

日本ではまだまだ「本を聞く」という習慣は広まりつつあるといったレベルですが、アメリカでは経営者やビジネスマンを中心にかなり普及しているそうです。

 

通勤中などに効率よく知識をインプットできるので、たしかに便利ですよね。

 

アメリカ発のため英語コンテンツが豊富

またAudibleの特徴として、元々がアメリカ発のサービスなだけあり、英語コンテンツが本当に豊富です。

日本でも話題になっている英語圏の本や世界的なベストセラーなら、たいてい揃っていると言っても過言ではないです。

 

あとでおすすめ作品もご紹介しますが、例えば最近話題になった「ファクトフルネス」。

オリエンタルラジオの中田敦彦さんもYouTubeで取り上げていましたね。

 

抱きがちな誤解を解き、世界を正しく見ようといった趣旨の本ですが、聞いていてまさしく「目から鱗」なことばかりでした。

こんな話題の本を英語で聞くことができるのも、Audibleの大きな魅力です。

 

月額1,500円で、返品・交換が可能

Audibleの利用方法は、都度単品購入、もしくは月額1,500円で1コイン(=1冊分)の定額制となります。

音声が短めの児童書を除き、たいていの本は2,000円以上するので、月額1,500円のプランの方がお得ですね。

 

ちょっと高く感じるかもしれませんが、1冊の音声が5時間以上、中には10時間以上という本もあるので、それだけの音声コンテンツであることを考慮すると納得の値段です。

また嬉しいのが、聞き始めて「なんか思ってたのと違うな」と思ったら返品・交換が可能だという点です(※月額会員として契約中の場合)。

 

以下の通り、公式ページでも「イメージと違っていた」で返品可能とあります。

Audible返品可

 

ぼく自身も興味がある本があったら即ダウンロードして、しばらく聞いてみて微妙だと思ったら交換、みたいなことをしょっちゅうやっています。

もちろん悪質な利用は厳禁ですが、気軽に試し聞きができるのは本当にありがたいです。

 

なお、無料体験で1コインもらえるのですが、コインと交換で入手したコンテンツは退会後も聴き続けることができます。

返品・交換は会員期間中でないとできないので、退会するにしても納得する作品に決めてからにしましょう。

 

\英語学習にもおすすめ/

アマゾンAudible公式HPをみる

※30日間無料体験で1冊入手可!

 

Audibleで英語学習するメリット・デメリット

Audibleで英語学習するメリット・デメリット

そんなアマゾンのAudibleを英語学習に使って感じたメリット・デメリットをご紹介します。

 

Audibleの3つのメリット

まずはメリットです。

 

英語を大量に聴く「多聴」にぴったり

英語力、特にリスニング力を大きく伸ばすにあたっては、

  • 何度も聞いて細部までしっかり把握する「精聴」
  • とにかくさまざまな英語を大量に聞く「多聴」

の双方が重要になってきます。

 

大人向けの本であれば5時間以上の音声になることが多いので、オーディオブックは「多聴」にピッタリだと言えますね。

 

耳から学ぶため、時間を有効活用できる

また、日常生活の中でゆっくり本を読む時間はなかなか取れませんが、「耳が空いている時間」なら意外とたくさん見つかります。

 

家事の最中や通勤・通学中など、すきま時間・ながら時間の活用が英語学習のキーになってきます。

そういった時間の有効な活用法として、オーディオブックは選択肢の一つになってきますね。

 

自分の好きなコンテンツが選べる

のちほど紹介する通り、Audibleには多様なラインナップが揃っているので、自分の興味がある本で英語が学べるというのも大きなメリットです。

小説でもビジネス書でも、興味を持って聞くことができればあっという間に一冊聞き終わりますよ。

 

ぼく自身、じっくり本を聞くためにバスに乗るのをやめて徒歩で帰宅したりすることもあります。

続きが気になる本を選ぶことができれば、楽しく英語学習を続けられます。

 

Audibleのデメリット

逆にAudibleで英語学習することのデメリットも存在します。

 

一定のリスニング力が必要

Audibleは基本的に音声コンテンツなので、文字で確認することができません。

 

なので、英語を耳で聞いて8割くらいは理解できる状態でないと、聞き続けるのが辛くなってきます

そんなときは、以下2つの対応を試してみましょう。

  • 再生速度を落とす(0.5~3.5倍速まで変更可)
  • 別のコンテンツに交換

 

Audibleは専用のスマホアプリで再生するのですが、再生速度が自由に変えられるようになっています。

すんなり理解できる速度まで落としてあげると、意外と付いていけますよ。

 

それでも難しいなと感じたら、他のコンテンツに交換するのもありです。

専門用語が多いと難しかったりしますからね。

 

会員なら返品・交換ができるので、積極的に利用していきましょう。

 

以上、Audibleで英語学習するメリット・デメリットをご紹介しました!

 

英語学習におすすめなAudible12選

英語学習におすすめなAudible本を7つご紹介

それでは、Audibleの中でも英語学習におすすめな本を12冊ご紹介していきます。

これ以外にも、例えば「元々は海外の本だけど和訳版を読んだことがある」といった本はおすすめです。

 

話の流れが分かっているからこそ、英語でどう表現するのか非常に勉強になりますよ。

 

児童書・小説のおすすめAudible

まずは児童書・小説の中から、英語で聞くのにおすすめの4作品です。

 

チャーリーとチョコレート工場(Charlie and the Chocolate Factory)

ジョニーデップ主演で映画化もされた有名作品ですね。

音声の長さも3時間強と、初めてのオーディオブックにお勧めの作品だといえます。

 

ちなみに、もしこの作品も「ちょっと難しいかな」と感じる方には、Audibleと同じオーディオブックサービスのaudiobook.jpがおすすめです。

英語学習者に有名なラダーシリーズが多数聴き放題になっているので、自分のレベルに合った作品が見つかるはずですよ。

あわせて読みたい

 

魔女の宅急便(Kiki's Delivery Service)

魔女の宅急便なら、子どもの頃に見たという方も多いのでは。

ストーリーが分かっていれば、純粋に楽しむことができますね。

 

5時間弱にわたる音声なので、かなり聴きごたえありです。

 

ハリーポッター(Harry Potter and the Philosopher's Stone)

ハリーポッターシリーズももちろん聴くことができます。

ファンなら最高の英語学習コンテンツになりますね。

 

ただ、よく言われる通りハリーポッターの洋書はけっこう難しいです。

まずは試し聞きで、どの程度付いていけそうか確認してみましょう。

 

ノルウェイの森(Norwegian Wood)

世界的に有名な日本人作家の作品を聞くのもありです。

村上春樹さんの本は海外にもファンが多いため、オーディオブックも充実しています。

 

音声は約12時間半とかなり長いですが、原作ファンなら楽しめること間違いなしですね。

 

ビジネス系のおすすめAudible

続いて、ビジネス系で日本でも和訳版が有名な本を4つご紹介します!

 

チーズはどこへ消えた?(Who Moved My Cheese?)

日本語のタイトルはご存じの方も多いのではないでしょうか。

ストーリーを通して、ビジネスにおける変化に対応することの大切さを教えてくれる一冊です。

 

約1時間40分と聞きやすい点でもおすすめです。

 

7つの習慣(The 7 Habits of Highly Effective People)

自己啓発書の中では絶えずベストセラーに入る「7つの習慣」も英語で聞くことができます。

なんと朗読音声を著者本人が読み上げているという珍しい本でもあります。

 

13時間超えの大作なので、聴きごたえ十分です!

 

ファクトフルネス(Factfulness)

冒頭でもご紹介した、オリラジ中田さんもYouTubeで取り上げていた一冊です。

なんと世界300万部の大ベストセラー。

 

貧困・環境など世界中のさまざまな問題に対し、正しい見方を提示してくれます。

ニュースを見ていると暗いニュースばかりに思えますが、実はそうでもないんだよと教えてくれたりもします。

 

一社会人として、一度は読んでおきたい(聴いておきたい!)一冊です。

 

 

金持ち父さん貧乏父さん(Rich Dad Poor Dad)

こちらも長年読まれ続けているベストセラーの一冊ですね。

日系アメリカ人のロバート・キヨサキによる、お金の哲学本です。

 

どうやって富を築いていくべきか、多くの示唆を与えてくれます。

 

英語学習系のおすすめAudible

Audibleでは、洋書以外にも英語を学べるコンテンツがあります。

ここでは4つご紹介しますね。

 

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

英語学習本の人気著者スティーブン・ソレイシィさんが「とにかく英語が話せるようになるための方法」を書いた本です。

固定概念に縛られることなく、必要なことに絞って解説されているので、英会話に抵抗感がある方は読んでみる価値がありますよ。

 

海外ドラマはたった350の単語でできている

こちらも英語学習に対する考え方をぶち壊してくれる一冊です。

海外ドラマってすごく難しく感じますが、実は350語でほとんどができていると。

 

著者の英語学習経験に基づく、効率的な学び方を知ることができます。

 

American Accent Training

ここから2冊は、「英語で英語を学ぶ」本になっています。

資料として本の内容もPDFで見れるようになっているので、読んで理解することもできます。

 

まず1冊目は「American Accent Training」というアメリカ英語発音の名著です。

ある程度英語を学んできたけど、ドラマや映画など生の英語が聞き取れないといった方におすすめです。

 

アメリカ人のリアルな発音を学ぶことで、リスニング力も大きく向上しますよ。

 

The Great Book of American Idioms

こちらはネイティブが使う英語イディオムを1300個ほどまとめて学べる本になっています。

ネイティブの会話を聞いていると、簡単な単語の組み合わせなのに思いがけない意味になったりするイディオムが多用されていることに気づきます。

 

そのような実用的なイディオムを1300個に絞って紹介してくれているので、効率的に学ぶことができます。

これを覚えてしまえば、ネイティブ英語の理解がもう一段深まりますよ。

 

以上、Audibleで英語学習する際のおすすめを14個ご紹介しました!

 

Audibleの使い方

Audibleの使い方

最後に、Audibleの使い方をさくっとご紹介しておきます。

 

①Audibleの無料体験に登録

まずはAudibleの無料体験に登録しましょう。

無料体験期間中に退会すればお金はかかりませんし、ダウンロード済みコンテンツはその後も聴き続けられます。

 

②Audibleで聴きたいコンテンツをコインと交換

聴きたいコンテンツをコインと交換しましょう。

価格に関係なく「1作品=1コイン」なので、なかなか自分では買えないような作品を選ぶのもありです(笑)

 

探し方も簡単で、以下画像のように検索欄が「Audible・オーディオブック」になっている状態で、対象タイトルを英語で検索するだけです。

Audible検索方法

 

③Audibleアプリをダウンロード

コインとの交換が完了したら、スマホアプリをダウンロードしましょう。

 

▼▼アプリはこちら▼▼

Amazonオーディオブック - オーディブル

Amazonオーディオブック - オーディブル

Audible, Inc.無料posted withアプリーチ

 

④購入済みコンテンツをアプリ上でダウンロード

ログインすると、アプリ上の「購入済みコンテンツ」のところにコインと交換した作品が表示されるので、タップするとダウンロードが開始します。

完了すれば、オフラインでも聴くことができます。

 

Audibleの使い方は以上です!

 

Audibleでの英語学習まとめ|かなりおすすめです

Audibleでの英語学習まとめ|かなりおすすめです

以上、Audibleでの英語学習について、メリット・デメリットやおすすめ作品、使い方をご紹介してきました。

「本を聴く」って、日本人にはまだまだ慣れない部分もありますが、一度ハマるとクセになります。

 

実際、英語学習に活用して楽しみながら英語に触れている方も多いです。

ぜひ、興味があって、難易度的にも付いていけそうな作品から始めてみてください。

初めての利用なら無料ですし、退会手続き前なら交換もできますからね。

 

\英語学習にもおすすめ/

アマゾンAudible公式HPをみる

※30日間無料体験で1冊入手可!

 

なお、本記事で「よさそうなオーディオブックが見つからなかった…」という方は、Shokoさんの洋書多聴ブログもぜひチェックしてみてください。

2012年からオーディオブックを利用し続け、TOEICリスニング満点・英検1級まで取得されている方で、オーディオブックの選び方・活用法などすごく参考になります。
≫ Shokoさんの洋書多聴ブログを覗いてみる

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!!

-おすすめ英語教材

© 2021 YOSHI BLOG