オンライン英会話 ・レビュー・比較

TOEIC満点がDMM英会話のスピーキングテストを受けてみた!

2021年5月31日

TOEIC満点がDMM英会話のスピーキングテストを受けてみた!

DMM英会話のスピーキングテストってどんなのかな?
興味はあるけど、受けるのが怖いな…。

 

このブログを運営している、よし (@yoshiblog0721)です。
DMM英会話のスピーキングテストを受けてみたので、内容をレポートしていきますね!

よし

 

DMM英会話は、オンライン英会話の中でもレアジョブやネイティブキャンプと並ぶ人気サービスです。

 

けっこう長く利用しているのですが、そういえばスピーキングテストを一度も受けていなかったなと思い、今回思い切って受けてみました!

スピーキングテストの内容と受け方、その結果まで、詳しくご紹介していきます。

 

\無料体験でレッスン2回!/

DMM英会話の公式HPをみる

※クレジットカードの登録も不要

 

DMM英会話のスピーキングテストとは

DMM英会話のスピーキングテストとは

まず、DMM英会話で受けられるスピーキングテストの概要について、サクッとご紹介します。

 

無料で受けられ、教材選びにも役立つ

スピーキングテストはオンライン英会話各社がそれぞれ用意していますが、有料のものが多いです。

DMM英会話のスピーキングテストはレッスン1回分をスピーキングテストに充てるだけ。つまり無料です。

 

以下のように通常のレッスン教材の中に「スピーキングテスト」があるので、講師予約画面で選ぶだけです。

スピーキングテストを選択

 

※予約の際、スピーキングテスト対応講師を選ぶ必要があるので、後述します。

 

上記画像内にもある通り、DMM英会話の教材には1~10のレベル付けがされています。

スピーキングテストで実力を診断してもらうことで、教材選びの参考にもなりますよ。

 

目的・レベルに応じたテストを選ぼう

スピーキングテストの中には、以下2種類×2レベルの計4つのテストがあります。

 

スピーキングテストの種類

種類レベル内容
スピーキングテスト基礎レベル2〜6の方が現在の会話力を判定するためのテストです。
上級レベル4〜8の方が会話力を判定するためのテストです。
レベル判定テスト基礎レベル2〜6の方が現在の英語力を判定するためのテストです。
上級レベル4〜8の方が現在の英語力を判定するためのテストです。

出典:DMM英会話

 

「英会話力を測る」という目的ならスピーキングテストでいいでしょう。

ぼく自身は、レベル4~8対象の「スピーキングテスト上級」を受けました。

 

スピーキングテストの構成

スピーキングテストの構成は以下の通りでした。

スピーキングテストの内容

問題配点内容
第1問5表示されている単語・短文を1分以内にすべて音読する。
第2問5短い記事を1分以内にすべて音読する。(準備時間1分)
第3問5第2問の記事内容に関する質問3つに対して、それぞれ1分以内に回答する。
第4問5表示された写真1枚について、その内容を2分で説明する。(準備時間1分)
第5問10基礎:あなた自身に関する質問3つに各2分で答える。

上級:グラフを見て、それに関する質問3つに各2分で答える。

 

基礎と上級では第5問の内容だけ異なりますが、問題構成や配点はほぼ同じですね。

 

ブログ筆者によるスピーキングテスト体験レポート

ブログ筆者によるスピーキングテスト体験レポート

それでは、実際に受験した時の様子をレポートしていきます!

 

スピーキングテストの受け方

まず、スピーキングテストの受け方ですが、簡単です。

 

1.スピーキングテスト対応講師で絞り込み検索

以下、講師の絞り込み検索画面で「スピーキングテスト対応」を選んだ上で検索します。

スピーキングテスト対応講師を選ぶ

 

2.レッスン教材は「オリジナル教材」の「スピーキングテスト」を選択

講師を選んだら、レッスン内容のところで「オリジナル教材」→「スピーキングテスト」と選んでいきましょう。

スピーキングテストを選ぶ

 

3.スピーキングテストの種類を選んで、予約

4つあるうち、目的・レベルに合ったテストを選んで予約すれば完了です。

スピーキングテストの種類を選ぶ

 

以上です。普通にレッスンを受けるときの教材を「スピーキングテスト」にするだけなので、簡単ですね。

 

自己紹介はスキップ

実際にレッスンが始まると、「自己紹介あり」にしていても自己紹介はスキップされるようです。

スピーキングテスト自体20分くらいかかるので、説明の時間とかを考えると自己紹介しているヒマは、たしかになかったですね。

 

スピーキングテストを受けてみた感想

実際にスピーキングテストを受けてみての感想を述べてみます。

 

まず、テスト内容を改めておさらいすると以下の通りです。

スピーキングテストの内容

問題配点内容
第1問5表示されている単語・短文を1分以内にすべて音読する。
第2問5短い記事を1分以内にすべて音読する。(準備時間1分)
第3問5第2問の記事内容に関する質問3つに対して、それぞれ1分以内に回答する。
第4問5表示された写真1枚について、その内容を2分で説明する。(準備時間1分)
第5問10基礎:あなた自身に関する質問3つに各2分で答える。

上級:グラフを見て、それに関する質問3つに各2分で答える。

 

第1問: 単語・短文音読

これは書かれている単語や短い文章を読み上げるだけなので、簡単でした。

1分以内と言われますが、普通に読み上げれば間に合います。

 

第2問: 記事音読

ここではニュース記事のようなものを音読します。

上級を選んだこともあり、使われている語彙は英検一級レベルのものもチラホラ混じっていました。

 

なお、のちほどフィードバックで言われたのですが、ゆっくり読みすぎて1分超えていたようです(笑)

準備時間で黙読したときは時間が余ったので、あえてゆっくり読んだのですが、計算が狂いました…。

それで1点減点になったようです。

 

第3問: 記事に関する質問に回答

第2問で読んだ記事に関する質問に答えていきます。

1問につき1分与えられますが、すぐ回答すればそのまま次の問題に進みました。

 

第4問: 写真描写

このあたりから頭を使う問題になってきます。

個人的には英検やTOEICスピーキングを受けたことがないので、何をどういう順番で話せばいいか、かなり戸惑いましたね。

 

1枚の写真で2分も語るって、けっこうしんどいです。

DMM英会話には「写真描写」というレッスン教材もあるので、それに近いですね。

 

第5問: グラフに関する質問に回答

最後はある経済指標のグラフを見たうえで質問に答える問題でした。

 

これも1問につき2分というのが長く感じて、どう回答をまとめるかかなり悩みましたね。

実力不足を痛感しました。

 

スピーキングテストの結果は…

テスト終了時に点数は教えてもらえたのですが、数時間後に以下レポートが届きました。

 

結果はこちら。

スピーキングテスト結果

 

30点中27点!!レベル7という判定でした。

一応ぼく自身はTOEIC満点、VERSANTというスピーキングテストでも71点を取っているので、マックスのレベル8を取りたいところでしたが、残念。

 

慣れない問題が多く、たしかに拙い回答になってしまったなと思います。

またいつかリベンジしたいですね!!

 

DMM英会話のスピーキングテスト体験まとめ

DMM英会話のスピーキングテスト体験まとめ

以上、DMM英会話のスピーキングテストについてまとめてみました!

 

さくっと受けられていい刺激になったので、今後も定期的に受けていきたいと思います。

気になる方はぜひ一度試してみてください。

 

テストを受けたら、自分のレベルに合った教材を選び直してみましょう。

 

あわせて読みたい

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!!

-オンライン英会話, ・レビュー・比較
-

© 2021 YOSHI BLOG