海外ドラマ・映画で英語学習 ・勉強法

映画を使った英語勉強法をTOEIC満点が解説【おすすめ作品も難易度別に紹介】

2021年3月31日

映画を使った英語勉強法をTOEIC満点が解説【おすすめ作品も難易度別に紹介】

映画を使って楽しく英語を学んでみたいけど、やっぱり難しいのかな?
おすすめの勉強法や作品があれば教えてほしいです。

 

このブログ管理人のよしです。海外に住んだことはないですが、TOEIC満点を取るなど独学で英語力を磨いてきました。
今では映画や海外ドラマを英語で楽しめるようになったので、くわしく解説していきますね。

よし

 

リアルなアメリカ発音が学べる名著が無料

映画や海外ドラマを英語で理解するには、教科書的な正しい発音だけではなく、よりナチュラルな音声変化にも慣れる必要があります

以下の「American Accent Training」はアメリカ人のリアルな発音をパターン別に解説し、徹底的に叩き込んでくれるので、映画や海外ドラマと並行して取り組むことでリスニング力が大きく向上しますよ。

この本はアマゾンのオーディオブックサービスである『Audible』版も販売されていて、Audibleがはじめてなら、この本の「電子書籍(PDF)+音声」が無料でダウンロードできます。

30日の無料期間中に解約すればお金はかかりませんし、ダウンロード済みのコンテンツは解約後も使い続けられるので、ぜひ取り組んでみてください。

≫アマゾンでAmerican Accent Trainingを見てみる

 

映画で英語を勉強するメリット・デメリット

映画で英語を勉強するメリット・デメリット

まず、映画で英語を学ぶことのメリット・デメリットをさくっとご紹介します!

 

映画で英語を勉強するメリット3つ

映画で英語を勉強するメリットは以下の3つです。

 

1.好きな素材で学べて楽しい

まずこれが映画を英語学習に使う一番の目的だと思いますが、やはり楽しいです。

 

自分の趣味嗜好にあった映画を自由に選ぶことができるので、つまらなくなりがちな英語学習が楽しくなります

 

2.実践的なリスニング力が磨かれる

さらに、映画で使われている英語はかなりリアルな英語です。

 

資格試験では教科書的な正しい発音が多く、実際のネイティブの会話とはギャップがあることも多いです。

より実践的なリスニング力が磨かれると言えるでしょう。

 

3.単語やフレーズが記憶に残りやすい

また、単語帳やフレーズ集での単調な暗記とはちがい、新たな表現を映画のワンシーンとともに覚えることができるので、記憶に残りやすいです。

 

自分の好きな映画で使われていたフレーズなら、次に聞いたときに「あ、〇〇が言ってたやつだ!」となる可能性が高いです。

 

映画で英語を勉強するデメリット3つ

一方で、映画で英語を勉強するデメリットもあります。

 

1・難易度が高め

まず、映画の英語は難易度が高いです。

ぼく自身、TOEIC満点を取った後でも、字幕なしでは苦労する映画が多かったですね。(いまだに完ぺきではありません。)

 

というよりは、先ほども述べた通り発音方法が資格試験の英語とはかなり異なるので、よりカジュアルな話し方に慣れていないと付いていけません。

 

とはいえ、逃げていてはいつまで経っても試験英語しか聞き取れない状態のままなので、

  • ネイティブの自然な英会話を聞き取れるようになりたい
  • 映画や海外ドラマを英語で楽しめるようになりたい

という方は、本記事でも紹介している簡単な作品からぜひチャレンジしてみましょう!

 

2.一部使えないフレーズも

これは映画のジャンルによりますが、例えばアウトローなものやファンタジー系など、実生活とかけ離れたジャンルだと、使える英語フレーズは少ないです。

 

不良たちが発する英語は特に聞きなれないスラングが多いですし、身につけたところで使える場面は少ないです。

そういった作品は英語学習初心者には向いていないといえるでしょう。

 

3.会話シーンが少ない場合も

また、映画では情景描写などに時間を割く場合も多く、会話がほとんどないというシーンもあります。

 

その意味では、海外ドラマの方が同じ視聴時間あたりで学べる英語表現は多くなるでしょう。以下記事も参考にしてみてください。

 

あわせて読みたい

 

とはいえ、結局はどれだけのめり込めるかなので、映画の方が好きだという方は無理やりドラマに変える必要はありません。

自分の好きな方を選びましょう。

 

以上、映画で英語を学ぶことのメリット・デメリットをご紹介しました!

 

映画を使った英語勉強法のコツ3つ

映画を使った英語勉強法のコツ3つ

ここから具体的な勉強方法のコツをお伝えしていきます!

 

細かく区切ってスクリプトを確認しよう

まず、何度も申し上げている通り映画の英語はむずかしいです!

一発で理解できる人はかなりの英語上級者だと思いますし、そんな方はこの記事を読んでいないはず。

 

おすすめは「あー、ストーリーについていけていないかも」と思ったら一旦止めて、字幕スクリプトを読み込むことです。

 

インターネットで「映画タイトル(英語)+ script」と検索すると、有名作品ならだいたい字幕の書き起こしが出てきます。

視聴済みのシーンまでそれを読み込んでみましょう。

 

映画を見ながらでもいいのですが、分からない単語やフレーズがあったら一時停止したり巻き戻したり、けっこう手間がかかります。

またネット上のスクリプトなら、単語を選択してそのまま検索することも可能なので、いちいち打ち込む必要がありません。

 

こうすることで、映画視聴時にはリスニング、字幕読み込み時にはリーディング力を鍛えることができます。

 

ながら時間で音声を聞こう

2つ目のコツは、ながら時間で音声を何度も聞くことです。

 

ただ映画を見ているだけでは、残念ながら英語力はなかなか上がりません。

映画の視聴が終わり、スクリプトなどを利用して理解も深まったら、ながら時間で音声を聞きましょう。

 

おすすめはHuluやNETFLIXなどの動画配信サービスのアプリです。

 

「ダウンロード機能」と「バックグランド再生機能」があるので、移動中などに視聴済みの映画を「聴く」ことができます。

ストーリーは頭に入っているので、何度も何度も聞いて頭に刷り込んでいきましょう。

 

日英同時字幕という方法もあり

映画で英語を学ぶなら、

  • 「英語音声(字幕なし)」
  • 「英語音声(+英語字幕)」

のどちらかが理想です。

 

しかし、英語だけだと難しくてなかなか理解できないというケースも多いでしょう。

そんなときは、HuluやNETFLIXの日英同時字幕を使うのもアリです。

 

どちらもパソコンのインターネットブラウザであるChromeの拡張機能を利用しますが、字幕以外にもかなり便利な機能が備わっています。

映画での英語学習を効率化したいなら、マストアイテムともいえますね。

 

気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。

 

あわせて読みたい

 

以上、映画で英語を勉強するコツを3つお伝えしました!

 

英語学習におすすめ映画5選

英語学習におすすめ映画5選

ここからは英語学習におすすめな映画を5つに厳選してご紹介します!

実際に英語で視聴した上で難易度もつけてみたので、参考にしてみてください。

 

初めての英語での映画視聴なら、難易度の低いものから始めるのが無難です。

 

バックトゥザフューチャー(難易度★★☆☆☆)

映画『バックトゥーザフューチャー』の概要

1つ目はバックトゥザフューチャーです。

超有名作品なので、知らない人はいないかもしれませんね。

 

SF作品ではありますが、主人公は普通の高校生ですし、その家族や友人・恋人からたくさんの日常英会話フレーズが学べます。

かなり聞き取りやすい英語ですし、古い映画とはいえやはりストーリーがすばらしいので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

あわせて読みたい

 

スパイダーマン(難易度★★☆☆☆)

映画『スパイダーマン』の概要

次は「スパイダーマン」です!

クモのようにビュンビュン糸を出しながら街中を跳びまくるヒーローですが、これまた主人公はもともと普通の学生です。

 

子どもにも人気のシリーズということでかなり英語が聞き取りやすいですし、ストーリーもシンプルで分かりやすいです。

 

あわせて読みたい

 

ターミナル(難易度★★★☆☆)

映画『ターミナル』の概要

3つ目は「ターミナル」です。

 

トム・ハンクス主演の主人公は、東欧の国からアメリカに来たビクター・ナボルスキー。

しかし、なんと飛行機が飛んでいる間に自国でクーデターがあり、パスポートが無効に。

 

英語が話せない中で空港生活を強いられ、いろいろな出会いがありつつ生きていくというストーリーです。

主人公はもともと英語が話せませんが、時間が進むにつれて少しずつ上達していきます。

 

主人公自身が英語を話せないので、使われている英語は比較的易しいです。

ただ空港職員側は早口だったりするので、難易度は★★★☆☆としました。

 

あわせて読みたい

 

プラダを着た悪魔(難易度★★★★☆)

 映画『プラダを着た悪魔』の概要

次は「プラダを着た悪魔」です。

ファッションに無頓着なアンディが運よく(?)一流ファッション誌編集長のアシスタントの職を得ますが、悪魔のような仕事の振り方に振り回されるというストーリーです。

 

アン・ハサウェイとメリル・ストリープがハマり役で、女性ファッションがメインテーマですが男性の僕でもすごく楽しめました!

ただ職場は常にスピード感が求められる雰囲気なのでみんな早口で、英語の難易度は高いといえます。

 

少し自信がついてきたら、ぜひチャレンジしてみてください。

 

あわせて読みたい

 

タイタニック(難易度★★★★☆)

映画『タイタニック』の概要

最後は「タイタニック」です。

これまた超有名作品なので、ストーリーは説明不要ですね。

 

シンプルなストーリーだから英語も簡単だろうと思って見始めたのですが、意外と難しかったです。

豪華客船に乗っている貴族たちは小難しい言葉を使うこともありますし、後半は船の沈没が起きてパニック状態になるので、落ち着いて会話する場面は少ないです。

 

ただ主役2人の会話は比較的聞きやすいですし、ストーリーは分かりやすいので付いていけないということはないと思います。

 

あわせて読みたい

 

以上、おすすめ映画を5つご紹介しました。

 

これらはすべて動画配信サービスのHuluで視聴することができます(2021年3月時点)。

6/1追記:スパイダーマンは配信修了してしまったようです。残念。

ただ、huluなら2週間無料体験があるので、ぜひその他の作品にチャレンジしてみてください。

 

\映画・ドラマで英語が学び放題/
hulu

hulu公式HPをみる

※2週間無料トライアルあり!

 

あわせて読みたい

 

映画の英語を聞き取るために必要なこと

映画の英語を聞き取るために必要なこと

ここまで映画での英語学習について、メリット・デメリットや勉強法のコツをご紹介してきました。

 

できれば気軽に楽しく映画で英語を学びたいものですが、なかなか難しいのも事実です。

なぜそれなりに英語を勉強してきた人でも映画となると聞き取れないのか、そのあたりを解説します。

 

資格試験の英語は教科書的な正しい発音

一番大きいのは、やはり発音がかなりカジュアルで、テキストで習う「教科書的で正しい」発音とは違うという点です。

 

TOEICなどの資格試験では、プロの話者が雑音のない環境で録音しています。

しかし、映画や海外ドラマ、さらには実際のリアルな英会話においては、周囲の雑音もありますし、何よりだれもそのようにハッキリ喋ってくれません。

 

実際の音声変化に慣れていない可能性が高い

このリアルな英会話における音声変化については、資格試験を通してでは学べません。

映画・海外ドラマ・YouTubeなどのリアルな会話を聞いて、身につけていく必要があります。

 

ただ、それらのカジュアルな会話における発音ルールをまとめて学ぶことで、効率的にリスニング力をアップさせることは可能です。

冒頭でもご紹介した「American Accent Training」はアメリカ人のリアルな発音をパターン別に解説し、徹底的に叩き込んでくれるので、映画や海外ドラマと並行して取り組むことでリスニング力が大きく向上しますよ。

 

ぼく自身この本でトレーニングしたことで、かなり映画の英語がクリアに聞き取れるようになりました。

 

この本はアマゾンのオーディオブックサービスである『Audible』版も販売されていて、Audibleがはじめてなら、この本の「電子書籍(PDF)+音声」が無料でダウンロードできます。

30日の無料期間中に解約すればお金はかかりませんし、ダウンロード済みのコンテンツは解約後も使い続けられるので、ぜひ取り組んでみてください。

≫アマゾンでAmerican Accent Trainingを見てみる

 

映画を使った英語勉強法まとめ!

映画を使った英語勉強法まとめ!

以上、映画を使った英語勉強法についてでした。

ハードルは高いですが、コツを押さえつつ取り組むことで、挫折せず効率的に英語が学べますよ。

 

ある程度理解できるようになってくれば、これほど楽しい学習方法はないです!

 

不安がある方は、ぜひ「バックトゥザフューチャー」など、聞き取りやすい映画から始めてみてください。

Huluなら2週間無料体験で視聴することができます。

 

\映画・ドラマで英語が学び放題/
hulu

hulu公式HPをみる

※2週間無料トライアルあり!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

-海外ドラマ・映画で英語学習, ・勉強法

© 2021 YOSHI BLOG