海外ドラマ・映画で英語学習 ・作品別レビュー

映画『バックトゥーザフューチャー』の英語学習向き?【TOEIC満点が検証】

2021年3月21日

映画『バックトゥーザフューチャー』の英語学習向き?【TOEIC満点が検証】

映画『バックトゥーザフューチャー』を英語で見てみたら勉強になるかな?
どれくらい難しいのか、教えてほしいです。

 

このブログ管理人のよしです。
海外に住んだことはないですが、TOEIC満点を取るなど独学で英語力を磨いてきました。
今回は、映画『バックトゥーザフューチャー』の英語はむずかしいのか、英語学習に向いているのか、解説していきますね。

よし

 

リアルなアメリカ発音が学べる名著が無料

映画や海外ドラマを英語で理解するには、教科書的な正しい発音だけではなく、よりナチュラルな音声変化にも慣れる必要があります

以下の「American Accent Training」はアメリカ人のリアルな発音をパターン別に解説し、徹底的に叩き込んでくれるので、映画や海外ドラマと並行して取り組むことでリスニング力が大きく向上しますよ。

この本はアマゾンのオーディオブックサービスである『Audible』版も販売されていて、Audibleがはじめてなら、この本の「電子書籍(PDF)+音声」が無料でダウンロードできます。

30日の無料期間中に解約すればお金はかかりませんし、ダウンロード済みのコンテンツは解約後も使い続けられるので、ぜひ取り組んでみてください。

≫アマゾンでAmerican Accent Trainingを見てみる

 

※本記事は2021年3月時点の情報に基づいています。

 

映画『バックトゥーザフューチャー』の概要

映画『バックトゥーザフューチャー』の概要

まずは映画『バックトゥーザフューチャー』の概要を見てみましょう。

 

ストーリー概要

変わり者のドク・ブラウン(クリストファー・ロイド)が造り上げたデロリアンのタイムマシンで1955年にタイムトラベルしてしまったティーンエイジャーのマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)。そこでマーティが直面するハプニングにより彼自身の未来が消えてしまう危険にさらされる。(引用:hulu

 

基本情報

ジャンルSF
監督ロバート・ゼメキス
プロデューサースティーヴン・スピルバーグ
出演者マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド他
上映年1985年
長さ1時間56分
英語難易度★★☆☆☆
セリフの多さ★★★☆☆
英語字幕対応hulu

 

バックトゥーザフューチャーはその名の通り、過去にタイムスリップしてしまった主人公マーティが「未来に戻る」というストーリーの作品ですね。

超有名作品なので過去にも見たことがありましたが、今回英語で見直してみて、やはり名作だなと痛感しました!

 

ちなみに「バックトゥーザフューチャー2」・「バックトゥーザフューチャー3」もあって、2で描かれる30年後の未来は2015年と、すでに我々にとっては過去になっているのも面白いポイントです。

 

1985年時点に想像で描かれた2015年。

そんなことを意識しながら見ると、面白さが倍増ですね。

 

バックトゥーザフューチャーの英語難易度

バックトゥーザフューチャーの英語難易度めに

さて、本題である『バックトゥーザフューチャー』の英語難易度について見ていきましょう。

 

学生やその家族の会話が中心なので、聞き取りやすい

主人公のマーティはまだ高校生。

そんな彼が友人や家族と交わす会話が大部分なので、全体的に英語は聞き取りやすいです。

 

SFものだと特殊な単語などが出てきて難しいことも多いですが、バックトゥーザフューチャーはSFの面白さがありながら日常英会話が学べる、貴重な作品ですね!

 

ドクの英語はちょっと癖あり

タイムマシンを開発するドクはかなりの変わり者です。

そして、彼の話す英語もなかなか独特なイントネーションです。

 

しかし、到底理解できないほどかというとそうでもありません。

 

バックトゥーザフューチャーは英語学習に向いているのか

バックトゥーザフューチャーは英語学習に向いているのか語を学んでみよう

バックトゥーザフューチャーは、古い映画ではありますが、かなり英語学習向きの作品だと言えます。

 

SFだが、日常会話がたくさん聞ける

先述の通り、SF作品ではあるものの学校や家庭など日常生活が舞台になっているシーンが多いので、使える英会話フレーズがたくさん学べます。

記事の後半でいくつかセリフをご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

 

主人公と家族、その友人たちの会話は聞き取りやすい

またドクを除いてほとんどの登場人物はいわゆる一般人です。

政治家や弁護士など、特殊な職業の人物がでてくると英語難易度は上がりますが、そんなこともありません。

 

映画での英語学習は憧れる人が多いものの、その難しさにすぐに挫折することも多いです。

バックトゥーザフューチャーの英語は聞き取りやすいので、初めての映画での英語学習に最適ともいえるでしょう。

 

バックトゥーザフューチャーで学んだセリフを一部紹介

バックトゥーザフューチャーで学んだセリフを一部紹介

ここでは、バックトゥーザフューチャーの序盤のシーンからいくつかセリフをピックアップしてご紹介します!

 

I've made a major breakthrough.

(大発明をしてしまった!)

 

breakthroughは日本語でも大きな成長を遂げたときなどに「ブレークスルーだ!」と使われますね。

 

This so called Doctor Brown is dangerous, he's a real nutcase.

(そのドクター・ブラウンと呼ばれる人物は危険だ。本当にいかれたヤツだ。)

 

nutcaseは「奇人」などといった意味があります。

nutはスラングで「頭がいかれている様」をあらわすことが多いですね!

 

Nah, I just don't think I'm cut out for music.

(いや、音楽の才能があると思わないんだ。)

 

be cut out for ~ は「~に向いている」という意味のイディオムです。

「~という目的のために切り出されている」と考えると、イメージしやすいかもしれません。

 

なお、このような日常会話でよく使われるイディオムはまとめて覚えてしまうのが得策です。

以下記事でおすすめ本を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

あわせて読みたい

 

Well, Jennifer, my mother would freak out if she knew I was going up there with you.

(ジェニファー、君と行くつもりだと母さんが知ったら卒倒するよ。)

 

freak outは「気がおかしくなる」・「発狂する」などといった意味ですね。

ここでは「if she new」と仮定法が使われています。

 

Where were we?

(なんの話してたっけ?)

 

これは話が途中で途切れた際などによく使われる常套句です。

「(話の中の)どの部分にいたんだっけ?」と考えるとイメージしやすいです。

 

以上、バックトゥーザフューチャーの冒頭部分から5つのフレーズをご紹介しました!

日常生活でもよく使われるイディオムや常套句など、使える英語表現が詰まった作品だと言えますね。

 

英語でバックトゥーザフューチャーが見れる動画配信サービスは?

英語字幕付きでバックトゥーザフューチャーが見れる動画配信サービスは?

英語で『バックトゥーザフューチャー』が見られるおすすめの動画配信サービスは『hulu』です。

2週間無料体験があるので、ぜひ気軽にチェックしてみてください。

 

\映画・ドラマで英語が学び放題/
hulu

hulu公式HPをみる

※2週間無料トライアルあり!

 

バックトゥーザフューチャーを英語で見てみよう!

映画『バックトゥーザフューチャー』の概要

以上、映画『バックトゥーザフューチャー』での英語学習について解説しました。

古い作品ではありますがやはりストーリーが面白く、かつ易しくも使える英語表現が詰まった作品です。

 

映画での英語学習に興味があるなら、ぜひ観てみてください。

 

リアルなアメリカ発音が学べる名著が無料

映画や海外ドラマを英語で理解するには、教科書的な正しい発音だけではなく、よりナチュラルな音声変化にも慣れる必要があります

冒頭でもご紹介した「American Accent Training」はアメリカ人のリアルな発音をパターン別に解説し、徹底的に叩き込んでくれるので、映画や海外ドラマと並行して取り組むことでリスニング力が大きく向上しますよ。

この本はアマゾンのオーディオブックサービスである『Audible』版も販売されていて、Audibleがはじめてなら、この本の「電子書籍(PDF)+音声」が無料でダウンロードできます。

30日の無料期間中に解約すればお金はかかりませんし、ダウンロード済みのコンテンツは解約後も使い続けられるので、ぜひ取り組んでみてください。

≫アマゾンでAmerican Accent Trainingを見てみる

 

あわせて読みたい

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

-海外ドラマ・映画で英語学習, ・作品別レビュー

© 2021 YOSHI BLOG