英語イディオム解説

『a stitch in time saves nine』の意味・使い方をネイティブに聞いてみた

2020年12月30日

こんにちは、Yoshiです。

海外ドラマやYouTubeを楽しみつつ、楽しみながらリアルな英語を習得中です。

 

このブログでは、ぼく自身が英語学習で出会った資格試験では学べない英語イディオムについて、ネイティブに詳しく聞いていきます

 

今回は『a stitch in time saves nine』について、英語ネイティブであるイギリス人のブラッドにその意味や使い方を聞いみたたので、シェアしますね。

 

※英語イディオムの使い方は地域差・個人差があるので、あくまで一つの意見としてご認識ください。

 

『a stitch in time saves nine』の意味=「早めの対処が大事」

『a stitch in time saves nine』は簡単に言うと、早いうちに手を打つことで被害を最小限にとどめることができるという意味だね。

 

英英辞書での意味も以下の通りとなっていました。

a stitch in time (saves nine)

said to mean that it is better to act or deal with problems immediately, because if you wait and deal with them later, things will get worse and the problems will take longer to deal with

出典:Cambridge Dictionary

 

しかし、『a stitch in time saves nine』を直訳すると、

  • 『a stitch』=「一針」
  • 『in time』=「間に合って」

なので、「間に合った一針が9つを救う」となります。

 

なんでこれが「早めの対処が大事」という意味になるんだろう?

 

『a stitch in time saves nine』の由来

このイディオムの成り立ちについては、以下の由来を知れば一発で分かります。

 

『a stitch in time saves nine』の由来

服が少しほつれた時、すぐに縫い合わせれば一針で済むが、対処せず放っておくとどんどん穴が広がり、もっとたくさんの針(九針)が必要になることから。

 

『save』は「救う」ではなくて、ここでは「節約する」って意味か。初めの一針が間に合えば、残りの九針の節約になる。なるほど。

 

日本語でも「今日の一針、明日の十針」という諺があり、ほとんど同じ意味ですね。

 

『a stitch in time saves nine』の使い方

『a stitch in time saves nine』は、早めに対処しておいた方がいいと相手のためにアドバイスするときに使われるね。でもちょっと古い表現だから、最近はあまり聞かないかも。上の年代の人が使うイメージだね。

 

日本人が乱用するとちょっと不自然かもしれないな。気を付けよう。

 

ネイティブによる『a stitch in time saves nine』の例文

『a stitch in time saves nine』は、こんな感じで使えるよ。

 

『a stitch in time saves nine』の例文

My car is making a funny noise when I accelerate. I should get it checked as a stich in time, saves nine.

(加速したときに車から変な音がするな。『a stitch in time saves nine』って言うし、早めにチェックしてもらわなきゃ。)

 

『a stitch in time saves nine』のようなイディオムをまとめて身につける方法

今回は 『a stitch in time saves nine』についてご紹介しました。

 

このような表現は、学校の授業はもちろんTOEICや英検でも学べない表現ですよね。

でもネイティブの英会話を理解できるようになるには、必要不可欠な知識だと言えます

 

無料で使えるおすすめイディオム本

以下の洋書は、ぼく自身実際に使ったものですが、シンプルな例文で1,300個のネイティブ表現が学べます。

海外ドラマやYouTubeなど、リアルな英会話でよく使われる表現ばかりです。

Audibleに初めて登録する場合、「本の内容+音声」が無料で入手できるので、ぜひ取り組んでみてください。

Audibleはアマゾンが提供するオーディオブックのサービスですが、児童書からアメリカの最新のビジネス書まで洋書が多数収録されており、リスニングコンテンツとして英語学習に取り入れている方も多いです。

不要なら30日間の無料期間中に解約すれば、お金がかかることもないです。

>> Audibleについて詳しく見る

 

詳しいレビューは以下記事にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

英語イディオム・口語表現が学べるおすすめ本【リアル英会話のための洋書3冊】
英語イディオム・口語表現が学べるおすすめ本【リアル英会話に役立つ洋書3冊】

続きを見る

 

以上、『a stitch in time saves nine』 の意味・由来・海外ドラマでの使用例のご紹介でした。

-英語イディオム解説

© 2021 YOSHI BLOG