海外ドラマで英語学習 ・作品別レビュー

『glee(グリー)』で英語学習してみた【TOEIC満点が難易度を検証】

2020年12月1日

『glee(グリー)』で英語学習してみた【TOEIC満点が難易度を検証】
海外ドラマの『glee(グリー)』が面白いと聞いたけど、英語学習にも使えるかな?どれくらい英語が難しいのかも気になる。実際に『glee(グリー)』で英語を学んだ人に教えてほしいです。

 

こういった疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 海外ドラマ『glee(グリー)』の概要と魅力
  • 『glee(グリー)』の英語難易度を解説
  • 『glee(グリー)』は英語の勉強に向いているのか

 

この記事を書いている人

Yoshiプロフィール

 

この記事を書いている僕は、留学経験などはなく独学で英語を勉強してきており、TOEICは数年前に満点を取ることができました。

 

現在では、さまざまな海外ドラマを楽しみつつ英語学習を継続しています。

好きな作品を見ながら英語が学べるって最高ですよね。

 

今回の記事では、そんな僕が『glee』での英語学習について詳しく解説していきたいと思います。

ミュージカルだと聞いていたので、どちらかというと女性向けかなと思っていたのですが、男性の僕でもめちゃくちゃ楽しめるドラマでした。

 

『glee』の英語の難しさや、英語学習に活用するコツなども解説していくので、興味がある方はぜひ読み進めてみてください。

 

リアルなアメリカ発音が学べる名著が無料

海外ドラマを理解するには、教科書で学んだ発音ではなく、よりナチュラルな音声変化に慣れる必要があります

以下の「American Accent Training」はアメリカ人のリアルな発音をパターン別に解説し、徹底的に叩き込んでくれるので、海外ドラマと並行して取り組むことでリスニング力が大きく向上しますよ。

この本はアマゾンのオーディオブックサービスである『Audible』版も販売されていて、Audibleがはじめてなら、この本の「電子書籍(PDF)+音声」が無料でダウンロードできます。

30日の無料期間中に解約すればお金はかかりませんし、ダウンロード済みのコンテンツは解約後も使い続けられるので、ぜひ取り組んでみてください。

≫アマゾンでAmerican Accent Trainingを見てみる

 

『glee(グリー)』ってどんな海外ドラマ?

『glee(グリー)』ってどんな海外ドラマ?

まずは『glee』がどんなドラマなのか簡単にご説明します。

 

『glee』の概要

glee

『glee』は、

高校教師のウィルが、落ちこぼれ部員の集まりとなっていた合唱部(glee)を復活させるべく、生徒たちとともに奮闘する

というストーリーになっています。

 

ジャンルミュージカル・ヒューマンドラマ
放送時期2009年~2015年
シーズン数シーズン6(完結)
エピソード数121話
エピソードの長さ40分強
英語難易度★★★☆☆
セリフの多さ★★★☆☆
中毒性★★★★☆
英語字幕対応NETFLIX

 

『glee』の魅力:とにかく歌のシーンがいい!

とにかく歌のシーンがよくて、ついつい見入ってしまいます。

gleeは合唱部が舞台で、かなり個性的なキャラクターが集まっているのですが、実は多くの役者がプロのダンサーやミュージシャン、舞台役者だそうです。

そりゃあ迫力ありますよね。

 

正直ミュージカルってそんなに見たことがないので、どうなのかな~と思いながら見ていたのですが、1話目で個人的に好きな歌が登場し、一気に引き込まれました。

ちなみにこの歌です。ネタバレOKな方はどうぞ。

glee1話目で登場した歌はこちら

 

この歌以外にも、日本人でもよく知っている洋楽を使いながら圧巻のパフォーマンスが繰り広げられるので、見ていて楽しくなりますよ。

 

『glee(グリー)』の英語難易度を解説

『glee(グリー)』の英語難易度を解説【おすすめは英語字幕での視聴】

そんな『glee』ですが、英語で視聴する場合の難しさはどうなのでしょうか?

これまで『フレンズ』『ママと恋に落ちるまで』『ブレイキングバッド』『13の理由』など、人気作品を英語で見てきた僕が解説します。

 

ちょっと早いけど、全体的には分かりやすい英語

基本的に舞台は高校なので、そこまで難しい会話はありません。

海外ドラマで英語学習といえばフレンズが有名ですが、フレンズはシットコムと呼ばれる観客のリアクション込みの撮影なので、比較的はっきりと発音されています。

 

対してgleeはリアルなドラマなので、よりナチュラルスピードになっていて、ちょっと早く感じることがあります

それでも、海外ドラマの中では比較的わかりやすい英語だといえます。

 

チア部の鬼教官スーの英語がクセモノ

落ちこぼれの合唱部とちがい、華やかなチア部を引率するのが鬼教官スーです。

 

生徒たちに対してもかなりキツめの指導をしており、怒鳴っていることも多いので、その英語はなかなか理解がむずかしいです。

シリーズの冒頭から全然聞き取れなかったので、先行き不安になりましたね(笑)

 

スーの英語はそのまま使える表現も少ないので、誰に対してどんなことを言っているのか何となく掴めたらOKとして、気にせず続きを見ていくのがオススメです。

 

歌のシーンは音楽として楽しむべし

gleeの最大の魅力は、やっぱり歌のシーンです。

ただ、歌詞ってけっこう理解がむずかしいんですよね。

 

なので、普段の会話のシーンはしっかり集中して英語を学び、歌のシーンは純粋に音楽として楽しみましょう。

せっかくの歌のシーンをいちいち止めて表現を確認していたら、gleeの魅力が半減してしまいますからね。

 

『glee(グリー)』は英語学習向きなのか? ⇒ そこそこ

『glee(グリー)』はそこそこ英語学習向き

『glee』が英語学習向きかと聞かれると、「最適とまでは言えないけどそこそこ向いてる」といった感じです。

 

歌のシーンが多いので、視聴時間に対するセリフ数は少ない

何度もお伝えしている通り、gleeは歌のシーンが最大の魅力です。

しかし、それゆえに普通の会話シーンは若干少なくなります。

 

特に海外ドラマで日常会話を学びたいと思っている方には、やはりフレンズなどのコメディものの方が効率はいいでしょう。

ただ、やっぱり一番重要なのは「どれだけ熱中できるか」です。

 

学習効率がいいからとフレンズを選んでも、続ける意欲が湧かなければすぐに挫折してしまいます。

gleeなら楽しく英語を学べそう、と思うならとりあえず始めてみましょう。

 

会話シーンでは生きた表現が学べる

普段の会話シーンでは、生徒同士・先生同士・生徒と先生によるリアルな英会話が学べます。

以下のような、簡単な単語ばかりなのに特別な意味を持つイディオムもたくさん出てきます。

 

イディオム意味
bite off more than you can chew身の丈に合わないことをする
bring home the bacon家計を支える
make ends meet収支をやりくりする
on the fence決めかねている
pound the pavement駆けずり回る
when pigs fly絶対にあり得ない
get a room人前でいちゃつくな
take the liberty of勝手に~する
you have my word保証するよ
catch a break幸運をつかむ
be an item付き合っている

 

このようなイディオムは、単語それぞれの意味からは想像できないものも多いですよね。

でも、海外ドラマで英語を学ぶなら、必須の知識ともいえます。

 

なので、イディオムなどの口語表現がまとまった本である程度集中的に覚えてしまうのも1つの手です。

 

おすすめ本を以下記事にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

英語イディオム・口語表現が学べるおすすめ本【リアル英会話のための洋書3冊】
英語イディオム・口語表現が学べるおすすめ本【リアル英会話に役立つ洋書3冊】

続きを見る

 

会話シーンをメインに効率的に復習しよう

『glee』で英語を学ぶなら、会話シーンをメインに効率的に復習するようにしましょう。

ただ、画面に張り付いて2回も3回も見るのは効率が悪いですし、挫折しやすくなります。

 

NETFLIXのダウンロード機能とバックグラウンド再生、それからネット上の字幕スクリプトを使うことで、効率的に復習することができますよ。

その方法については、「【TOEIC満点が実践!】超効率的な海外ドラマ英語学習法+おすすめ5作品」にまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

 

まとめ:『glee(グリー)』で楽しく英語を学ぼう

まとめ:『glee(グリー)』で楽しく英語を学ぼう

以上、海外ドラマ『glee』を活用した英語学習について解説してきました。

 

英語学習に最適なドラマとまでは言えませんが、歌を楽しみつつリアルな英会話が学べる作品です。

NETFLIXで英語字幕での視聴が可能なので、興味がある方はぜひどうぞ。

 

リアルなアメリカ発音が学べる名著が無料

冒頭でもご紹介した「American Accent Training」は、海外ドラマで聞こえてくるようなアメリカ人のリアルな発音を理解するのに最適な一冊です。

「字幕を見ながら聞いているはずなのに、聞こえてくる音がぜんぜん違う」

「ネイティブがちゃんと単語1つ1つを発音記号通りに話してるようには思えない」

という経験、よくあると思います。

この本はそんなギャップを埋めてくれる、よりリアルなアメリカ英語の発音・リズム・イントネーションが徹底的に学べる本です。

フレーズ・文章単位で「アメリカ人が本当はどう発音しているのか」を解説しつつ、豊富なトレーニング問題で叩き込んでくれます。

海外ドラマのようなリアルな生きた英語を聞き取れるようになりたいなら、それらの発音パターンを押さえておくことで、より効率的にリスニング力をアップすることができます。

もちろんこの本をやったから100%聞き取れるというわけではありませんが、ドラマを見ながら体当たりで学んでいくよりは圧倒的に効率がいいです。

全編英語ですし、タイトルに「トレーニング」とある通り、取り組むのはけっこう気合がいります。

しかし今、あなたがリアルな英会話の聞き取りに壁を感じているなら、絶対に取り組む価値はあります

この本は日本では利用者が少ないですが、長年世界中の英語学習者から愛用されてきた本で、アマゾンレビューを見れば、そのことがよく分かると思います。

≫アマゾンでAmerican Accent Trainingのレビューを見る

Audibleがはじめてなら、この本の「電子書籍(PDF)+音声」が無料でダウンロードできます。

30日の無料期間中に解約すればお金はかかりませんし、ダウンロード済みのコンテンツは解約後も使い続けられるので、ぜひ取り組んでみてください。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

-海外ドラマで英語学習, ・作品別レビュー

© 2021 YOSHI BLOG