オンライン英会話 ・レビュー・比較

TOEIC満点の僕はこう選ぶ!CamblyとDMM英会話を徹底比較

2020年11月29日

CamblyとDMM英会話を比較【ネイティブレッスンはこう選ぶべし!】

オンライン英会話のCamblyとDMM英会話って、どちらもネイティブレッスンが受けられるみたいだけど、どう違うのかな?
両方使った人に、くわしく教えてほしいです。

 

このブログを運営している よし です。独学で英語を勉強していて、TOEICは満点を取り、オンライン英会話のおかげでスピーキング力もアップしました。
ネイティブレッスンが人気のCamblyとDMM英会話について、違いを分かりやすくご紹介しますね。

よし

 

ぼく自身、オンライン英会話については以下の5つを利用した経験があります。(すべて有料会員で、最低でも1か月以上利用しました!)

  • DMM英会話
  • ネイティブキャンプ
  • レアジョブ
  • Cambly
  • QQ English

 

今回はその中でも、CamblyとDMM英会話について比較しつつ選び方をご紹介しますね。

※ DMM英会話はノンネイティブ講師によるレッスンのスタンダードプランもありますが、ここではCamblyとの比較のためネイティブレッスンに絞ってお話しします。

 

先にそれぞれの特徴を一言で紹介すると、以下の通り。

2つのサービスの特徴

Cambly「週1回・15分」から受けられる柔軟な料金プラン予約レッスン・今すぐレッスンどちらも可能。教材は中上級者向け。
DMM英会話1回約500円で毎日ネイティブレッスンが受けられる。レッスン教材がとにかく豊富で、初心者から上級者まで幅広く対応。

 

どちらも人気のサービスで、クオリティは間違いないです。

ちなみにDMM英会話とCamblyについてよく知らないという方は、記事を読む前にまずは公式サイトを眺めてみると、ざっくりイメージが掴めるかと思います。
≫ DMM英会話の公式ページはこちら
≫ Camblyの公式ページはこちら

 

ちなみにぼく自身は、最終的にDMM英会話を選んで今も継続しています。

その理由も記事の後半でご紹介していきますね。

あわせて読みたい

 

CamblyとDMM英会話の特徴を一覧で比較

CamblyとDMM英会話の特徴を一覧で比較

さっそくですが、CamblyとDMM英会話の共通点・違いについて見ていきましょう。

 

まず、2つのサービスの「共通点」は以下の通りです。

CamblyとDMM英会話の共通点

24時間いつでもレッスン可能

 

なんとこれだけ。

 

つまりそれだけ「違い」があるということで、以下の通りです。

CamblyとDMM英会話の違い

CamblyDMM英会話
料金プラン以下2要素で決定
①1週間のレッスン回数
×
②1回のレッスン時間
1日あたりレッスン数で決定
1日1レッスン:15,800円
1日2レッスン:31,200円
1日3レッスン:45,100円
レッスン時間15分単位25分
講師の国籍アメリカ
イギリス
アイルランド
オーストラリア
カナダ
ニュージーランド
南アフリカ
アメリカ
イギリス
アイルランド
オーストラリア
カナダ
ニュージーランド
南アフリカ
日本
その他ノンネイティブ
在籍講師数10,000人以上(全員ネイティブ)6,500人以上(うちネイティブ800人以上)
教材の種類英語を流暢に話すための基礎 (初心者・中級・上級)、専門的能力の開発(中級・上級)、自己表現(初心者・中級)、試験対策(IELTSスピーキング)デイリーニュース(音声なし)、会話、写真描写、健康とライフスタイル、旅行と文化、ビジネス、キッズ英語、世界の文学、文法、発音、語彙、テーマ別英会話、ディスカッション、スピーキングテスト、IELTSスピーキング対策、TOEICスピーキングリアル模試、TOEFL iBTスピーキング、英検対策、公式ケンブリッジIELTSガイド、エレメンタリーリーディング・シリーズ、Let's Go、Side by Side、シーン別本当に使える実践ビジネス英会話、瞬間英作文、Grammar in Use、Speak Now、Passport
初心者適性
レッスン予約予約レッスン・今すぐレッスンどちらも可予約レッスンのみ
スマホアプリありなし
レッスン録画機能ありなし
無料体験ネイティブレッスン10分ノンネイティブレッスン25分×2回(1回は日本人講師可)
公式HPCamblyDMM英会話

 

情報量が多すぎてよくわかりませんね!

一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

CamblyとDMM英会話の違い

2つのサービスの違い

CamblyとDMM英会話はともにネイティブレッスンが人気ですが、先述の通りけっこう違いがあります。

このあたりが「CamblyとDMM英会話どちらを選ぶべきか」の決め手になってくるので、どちらが自分に合いそうか考えながらチェックしてみてください。

 

1.料金プランの違い

以下の通り、2つのサービスの料金プランは全く違います。

 

まず、Camblyの月額料金は、

「1週間のレッスン回数」
(1回・3回・5回・7回)
×
「1回のレッスン時間」
(15分・30分・60分)

の掛け合わせで決まります。

 

具体的な料金プランは、以下の通りです。

 

Camblyの料金プラン

レッスン回数/週レッスン時間月額料金(税込)
週に1回15分3,190円
30分5,390円
60分9,690円
週に3回15分8,790円
30分14,390円
60分26,390円
週に5回15分11,990円
30分20,990円
60分40,490円
週に7回15分14,990円
30分28,990円
60分56,490円

 

一方で、DMM英会話は1日あたりのレッスン数で3つのプランが用意されています。

DMM英会話の料金プラン

レッスン回数月額料金(税込)
1日1レッスン15,800円
1日1レッスン31,200円
1日1レッスン45,100円

 

これだと「結局どっちがおトクなの?」というのが分かりにくいと思うので、内容が近いプランで比べると以下の通りです。

料金比較

レッスン回数月額料金25分あたり料金
Cambly毎日30分レッスン28,990円805円
DMM英会話毎日25分レッスン15,800円527円

※Camblyの25分あたり料金は30分レッスン×週7回プラン(単月契約)の場合の料金を25分換算。

 

毎日レッスンを受けるなら、DMM英会話の方が断然安いことが分かりますね。

一方で、Camblyはレッスン回数・時間を柔軟に設定できるので、毎日でなくていいならもっと料金を抑えることが可能です。

 

まとめると、料金プランの観点では

「月額15,800円は許容範囲」・「とにかく毎日レッスンしたい」 ⇒ DMM英会話

「月額料金はできるだけ抑えたい」・「数日に1回レッスンで十分」 ⇒ Cambly

というように選ぶのがおすすめですね。

 

2.初心者が体系的に英語を学べるか

2つ目のポイントは、初心者が体系的に英語を学べるかということ。

結論からいうと、英語・英会話初心者の方に向いているのはDMM英会話です。

 

初心者の場合、やはり語彙・文法・発音などを体系的に学んでいくことが必要です。

その際にDMM英会話の方が教材が充実しており、また日本語訳が振ってある教材などもあって安心です。

また以下の通り、ニュース教材など中上級者向けのレッスンも揃っているので、幅広いニーズに応えてくれます。

DMM英会話教材一覧

 

一方でCamblyは、ディスカッション用教材が多く、基礎を体系的に学べるとは言いがたいです。

Cambly教材一覧

 

Camblyはどちらかというと、自然な会話を通してネイティブ講師から英語を吸収する場というイメージですね。

なので、中上級者がさらに高みを目指すために利用すると効果が高いと言えます。

 

レッスン教材についてまとめると以下の通りです。

DMM英会話 ⇒ 初心者~上級者まで幅広く対応

Cambly ⇒ 中上級者がさらに力を伸ばすのに最適

 

3.レッスン教材の多様性

上記でもレッスン教材に触れましたが、その種類の多さには大きな違いがあります。

 

Camblyはかなりシンプルな作りになっていて、選択肢は大きく分けて4つです。

対してDMM英会話は選びきれないほどの教材が揃っています。

 

教材ラインナップの比較

CamblyDMM英会話
レッスン教材英語を流暢に話すための基礎 (初心者・中級・上級)、専門的能力の開発(中級・上級)、自己表現(初心者・中級)、試験対策(IELTSスピーキング)デイリーニュース、会話、写真描写、健康とライフスタイル、 旅行と文化、ビジネス、キッズ英語、世界の文学、文法、発音、語彙、テーマ別英会話、ディスカッション、スピーキングテスト、IELTSスピーキング対策、TOEICスピーキングリアル模試、TOEFL iBTスピーキング、英検対策、公式ケンブリッジIELTSガイド、エレメンタリーリーディング・シリーズ、Let's Go、Side by Side、シーン別本当に使える実践ビジネス英会話、瞬間英作文、Grammar in Use、Speak Now、Passport

 

やはり、Camblyはディスカッションがメイン、DMM英会話は基礎~応用まで幅広く、といったイメージですね。

よし

 

ちなみに、レッスン教材ではありませんがDMM英会話では単語学習アプリのiKnow!が無料で使えます。

対応しているレッスン教材からワンクリックで重要語彙を転送でき、脳科学に基づいた記憶しやすいタイミングでクイズを出題してくれるので、レッスンの復習に最適です。

iKnowが無料

 

本来は月額1,510円のサービスなので、DMM英会話を選ぶならぜひ利用したいですね。

 

4.レッスン時間

1回あたりのレッスン時間にも差があり、Camblyは15分、DMM英会話は25分になっています。

他のオンライン英会話でも25分が主流なので、Camblyが少し特殊ですね。

 

教材をしっかり使って学習することを考えれば、25分くらいがやはり適正だと感じます。

Camblyでは、フリートーク的に15分レッスンを受けるか、教材を使う場合は30分レッスンにしてしまうのがおすすめですね。

 

5.日本人講師含むノンネイティブ講師がいるか

ネイティブ講師陣の国籍は、当然ですがCambly・DMM英会話どちらも大体同じです。

しかしDMM英会話はそれに加えて100カ国以上のノンネイティブ講師、さらに日本人講師のレッスンも受けられるようになっています。

 

とはいえ、わざわざネイティブプランを選んでノンネイティブ講師のレッスンを受ける人は少ないと思うので、使うとすれば日本人講師でしょうか。

 

特に英会話の初心者で、外国人相手だと自信がないという方は、日本人講師を活用してみてもいいかもしれません。

よし

 

無料体験でも1回だけ日本人講師のレッスンを受けられるので、気になる方は試しておきましょう。
≫ 無料体験で日本人講師のレッスンを受けてみる

 

6.予約なしレッスンが可能か

Camblyは予約レッスン・今すぐレッスンどちらも可能です。

ログインして今空いている講師をクリックするとすぐレッスンが始まるので、ちょっとびっくりするくらいです(笑)

 

対してDMM英会話はレッスン予約が必須となっています。

 

残業や飲み会が多く、「時間があるときにサクッと受けたい」って方はCamblyの方がおすすめですね。

よし

 

7.専用スマホアプリの有無

スマホでレッスンを受講する場合、Camblyは専用アプリがありますがDMM英会話にはありません。

なので、DMM英会話ではインターネットで検索し、その画面上で受講する必要があります。

 

とはいえ画面はレッスンに最適化されているので、始まってしまえば特に支障はないです。

 

▼DMM英会話のスマホレッスン画面▼

スマホレッスンの様子

 

8.レッスン録画機能の有無

これは珍しいのですが、Camblyではレッスンがすべて録画されています

レッスン後にスマホでもパソコンでも、レッスンの録画を見つつ復習することができます。

DMM英会話含め、他のオンライン英会話ではなかなかない機能です。

 

スマホの録音機能を使えば自分でも録音することはできますが、自動で録画してくれているというのはやはり便利ですね。

よし

 

9.無料体験でできること

最後に、CamblyとDMM英会話、それぞれの無料体験でできることにも違いがあります。

 

Camblyの無料体験でできること

Camblyの無料体験は10分レッスンが1回です。

通常よりも5分短いのですが、実はネイティブレッスンを無料で体験できるところって結構少ないんですよね。

 

またCamblyの最小レッスン単位である15分というのがどれくらいの長さなのか体験できるという意味でも、受けてみる価値があります。
≫ Camblyで10分無料体験を受けてみる

 

DMM英会話の無料体験でできること

DMM英会話の無料体験レッスンでは、ノンネイティブ講師の25分レッスンを2回受けることができます。

そのうち1回まで、本来はネイティブプランの対象である日本人講師のレッスンも可能です。

 

ネイティブ講師は無料体験の対象外なのですが、体験チケットを1,500円で購入することができ、その後会員になる際にはチケット代が割引になります。

つまり有料会員になれば1,500円が返ってくるということですね。

体験チケット

 

「ほぼDMM英会話に決めたけど、一応体験で確認しておこうかな」という方は、チケットを買ってみる価値がありますね。

よし

 

レッスン教材の充実度やシステムの使いやすさはノンネイティブ講師のレッスンでも十分つかめるので、まずは無料体験で試してみましょう。
≫ DMM英会話の無料体験レッスンを受けてみる

 

以上、CamblyとDMM英会話の9つの違いでした!

ともにネイティブレッスンを提供するサービスですが、いろいろと違いがあることがお分かり頂けたかと思います。

 

CamblyとDMM英会話を口コミで比較

CamblyとDMM英会話を口コミで比較

違いが分かったところで、気になるのが口コミですよね。

当サイトで独自に集めた「Cambly・DMM英会話どちらも使った人」の口コミに加え、Twitter上で見つけた生の声をまとめてみました。

 

Cambly・DMM英会話どちらも使った人の口コミ

①40代会社員男性の口コミ

最初、会社の同僚にオンライン英会話のCamblyを紹介されて受講しました。

365日24時間いつでも生きた英語が学べるということで期待していました。

たしかに講師がちゃんと米国やカナダなどのネイティブだから生きた英語が学べるという感じはありました。

ただ、講師によってレベルの違いがあって、こちらが初心者だとおしゃべりをしたりするだけで全然英語を教えてもらえないことがありました。

初心者にはCamblyは不向きだなと思って解約し、DMM英会話に乗り換えをしました。

DMM英会話のほうでは、文法や語彙も教えてくれて初心者の私でも講義に問題なくついていけていて楽しく英語が学べています。

日本人講師の方もいてわかりやすいですし、英会話の上達を感じています。

初心者向けとしてはDMM英会話のほうが良いと感じています。

 

やはり、基礎からしっかり学びたい方にはDMM英会話がよさそうですね!

よし

 

 

②30代会社員女性の口コミ

以前にDMM英会話プラスネイティブプランを利用していました。

DMM英会話では日本人講師のレッスンを受けていたのですが、疑問をすぐに日本語で聞く事が出来る環境がとても心強く学びやすかったのですが、私の場合はそれが甘えに繋がってしまいあまり成果を感じる事が出来ず..。

現在はCambly を受講しております。

レッスンを録画する事が出来るので、後から見直す事により自分の弱点や課題点を客観的に見る事ができ、とても学習成果が上がっている事を実感できています

 

ある程度の基礎ができている方には、Camblyで積極的にネイティブ英語を吸収していくのがおすすめですね。

よし

 

Twitter上で見つけた生の声

”Camblyの方が鍛えられそう!”

 

”DMM英会話は「レッスン」、Camblyは「議論」を通して学ぶ場所”

 

”DMM英会話は習慣化に吉”

 

”そこそこ話せる方はCambly、これからという方はDMM”

 

「基礎からしっかり積み上げたい」・「毎日レッスンを受けて習慣化したい」という方はDMM英会話。

「ある程度の基礎はできていて、会話を通してネイティブ英語を吸収したい」という方はCambly。

やはり、こういった選び方をしている方が多いですね!

よし

 

当ブログの筆者がDMM英会話を選んだ理由

当ブログの筆者がDMM英会話を選んだ理由

冒頭でお話しした通り、ぼく自身は過去にCamblyとDMM英会話どちらも利用していました。

そのほかにもレアジョブ・ネイティブキャンプ・QQ Englishなども経験済みです。

 

そんな僕がなぜ今DMM英会話を続けているかというと、ざっくり以下の3つです。

DMM英会話を選んだ理由

1回約500円で毎日ネイティブレッスンが受けられる

教材が豊富で自分に合ったレッスンができる

アプリ「iKnow!」ですきま時間も学べる

 

ネイティブのナチュラルな英語をストレスなく聞き取れるようになり、会話を楽しめるようになりたかったので、やっぱり毎日レッスンは外せなかったんですよね。

で、それを実現するのに一番コスパがいいのがDMM英会話でした。

 

しかも教材のバリエーションが豊富なので、長く続けていても飽きが来ません

僕と同じように「ネイティブとの会話を楽しめるようになりたい」という方は、DMM英会話おすすめです。
≫ DMM英会話の公式ページを見てみる

 

【比較まとめ】CamblyとDMM英会話はこう選ぼう!

【比較した結論】CamblyとDMM英会話、どっちがおすすめか

本記事では、ネイティブレッスンで人気のCambly・DMM英会話について比較しつつご紹介してきました。

Cambly・DMM英会話の共通点・違いを改めてまとめると以下の通りです。

 

CamblyとDMM英会話の共通点

24時間いつでもレッスン可能

 

CamblyとDMM英会話の違い

CamblyDMM英会話
料金プラン以下2要素で決定
①1週間のレッスン回数
×
②1回のレッスン時間
1日あたりレッスン数で決定
1日1レッスン:15,800円
1日2レッスン:31,200円
1日3レッスン:45,100円
レッスン時間15分単位25分
講師の国籍アメリカ
イギリス
アイルランド
オーストラリア
カナダ
ニュージーランド
南アフリカ
アメリカ
イギリス
アイルランド
オーストラリア
カナダ
ニュージーランド
南アフリカ
日本
その他ノンネイティブ
在籍講師数10,000人以上(全員ネイティブ)6,500人以上(うちネイティブ800人以上)
教材の種類英語を流暢に話すための基礎 (初心者・中級・上級)、専門的能力の開発(中級・上級)、自己表現(初心者・中級)、試験対策(IELTSスピーキング)デイリーニュース(音声なし)、会話、写真描写、健康とライフスタイル、旅行と文化、ビジネス、キッズ英語、世界の文学、文法、発音、語彙、テーマ別英会話、ディスカッション、スピーキングテスト、IELTSスピーキング対策、TOEICスピーキングリアル模試、TOEFL iBTスピーキング、英検対策、公式ケンブリッジIELTSガイド、エレメンタリーリーディング・シリーズ、Let's Go、Side by Side、シーン別本当に使える実践ビジネス英会話、瞬間英作文、Grammar in Use、Speak Now、Passport
初心者適性
レッスン予約予約レッスン・今すぐレッスンどちらも可予約レッスンのみ
スマホアプリありなし
レッスン録画機能ありなし
無料体験ネイティブレッスン10分ノンネイティブレッスン25分×2回(1回は日本人講師可)
公式HPCamblyDMM英会話

 

どちらが自分に合いそうか、ピンときたでしょうか?

もし気になったら、まずは無料体験で試してみましょう。
≫ DMM英会話で無料体験レッスンを受けてみる
≫ Camblyで無料体験レッスンを受けてみる

 

それぞれのサービスについては個別に詳しくレビューした記事もあるので、以下もご参考にどうぞ。

あわせて読みたい

 

もっと幅広く検討したいという場合は、ぼく自身がTwitterユーザー100名以上を調べてわかった「【Twitterで調査!】オンライン英会話人気ランキング」も参考になるかもしれません。

 

最後までお読みいただき有難うございました!

-オンライン英会話, ・レビュー・比較
-,

© 2021 YOSHI BLOG