海外ドラマで英語学習 ・作品別レビュー

海外ドラマ『フルハウス』で英語学習|意外と難しい?TOEIC満点が解説

2020年11月15日

海外ドラマ『フルハウス』で英語学習|意外と難しい?TOEIC満点が解説
海外ドラマの『フルハウス』が英語学習にオススメだと聞いた。昔日本語で見た覚えがあるけど、英語だとどれくらい難しいんだろう?実際に『フルハウス』で英語を学んだ人に教えてほしいです。

 

こういった疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 海外ドラマ『フルハウス』の概要
  • 『フルハウス』が英語学習におすすめな5つの理由
  • 『フルハウス』の英語難易度とおすすめ勉強法解説

 

この記事を書いている人

Yoshiプロフィール

 

この記事を書いている僕は、留学経験などはなく独学で英語を勉強してきており、TOEICは数年前に満点を取ることができました。

 

現在では、さまざまな海外ドラマを楽しみつつ英語学習を継続しています。

好きな作品を見ながら英語が学べるって最高ですよね。

 

今回の記事では、『フルハウス』での英語学習について、詳しく解説していきたいと思います。

 

『フルハウス』は日本でもNHKで放送され、かなりの人気でしたよね。

ぼく自身、子供のころによく見ていたのを覚えています。

 

そんな『フルハウス』を英語で見た場合に、どんな学習効果が期待できるのか、どれくらい難しいのか、この記事で解説していきます。

 

『フルハウス』での英語学習に興味がある方は、ぜひ読み進めてみてください。

 

リアルなアメリカ発音が学べる名著が無料

海外ドラマを理解するには、教科書で学んだ発音ではなく、よりナチュラルな音声変化に慣れる必要があります

以下の「American Accent Training」はアメリカ人のリアルな発音をパターン別に解説し、徹底的に叩き込んでくれるので、海外ドラマと並行して取り組むことでリスニング力が大きく向上しますよ。

この本はアマゾンのオーディオブックサービスである『Audible』版も販売されていて、Audibleがはじめてなら、この本の「電子書籍(PDF)+音声」が無料でダウンロードできます。

30日の無料期間中に解約すればお金はかかりませんし、ダウンロード済みのコンテンツは解約後も使い続けられるので、ぜひ取り組んでみてください。

≫アマゾンでAmerican Accent Trainingを見てみる

 

※本記事の内容は2020年11月時点の情報に基づいています。

 

『フルハウス』ってどんな海外ドラマ?

『フルハウス』ってどんな海外ドラマ?

『フルハウス』1987年に放送が開始、1995年のシーズン8まで全192話が放送されました。

 

『フルハウス』の概要としては、

妻を亡くしたダニーが、義弟のジェシー、親友のジョーイとともに暮らしながら、D.J.・ステファニー・ミシェルの3人を育てていく模様を描いたコメディドラマ

です。

舞台はサンフランシスコですね。

 

アメリカでは人気なシットコム(シチュエーションコメディ)という、舞台に観客を入れて、その観客の笑い声とともに撮影されるタイプのコメディです。

 

とにかく3姉妹が可愛くて笑えるのですが、それだけではなく時には家族・友人の大切さを物語るドラマとなっています。

 

『フルハウス』が英語学習におすすめな5つの理由

『フルハウス』が英語学習におすすめな5つの理由

そんな『フルハウス』が英語学習におすすめな理由を、5つにまとめてみました。

サクッとみていきましょう。

 

フルハウスがおすすめな理由①:笑いながら英語が学べる

コメディなので、笑いながら楽しく見ることができます。

英語学習となるとまじめな素材になりがちですが、6人の掛け合いに笑いながら、勉強だということも忘れて楽しめます

 

フルハウスがおすすめな理由②:1話完結型で、かつ20分程度と短い

さらに、1話で完結する話が多く、それぞれが20分程度と短い点もおすすめです。

サスペンスやミステリー系のドラマだと1話が40分~1時間ということもあるので、まとまった時間が必要です。

 

20分程度なら、NETFLIXのアプリでダウンロードしておいて、通勤・通学の電車内で見ることもできますね。

 

フルハウスがおすすめな理由③:会話シーンが多い

コメディなので、基本的にほとんどが会話シーンですが、これは英語学習という観点では大きなメリットです。

 

例えば犯罪・スリラー系とかだと、緊迫のシーンではほとんどセリフがなかったりしますよね。

その時間は、英語が学べないことになります。

 

『フルハウス』では常に誰かが話しているので、すべての時間が学びになります。

 

フルハウスがおすすめな理由④:日常会話フレーズが豊富

さらにその会話の中身においても、ネイティブが日常会話で使うフレーズが詰まっています

主要キャラクターの半分が子供ということもあって、汚い言葉も少ないので、そのまま使える英語フレーズがたくさん学べますよ。

 

フルハウスがおすすめな理由⑤:会話が聞き取りやすい

さらに、同じく英語学習にオススメされることの多い『フレンズ』などと比べても、かなり会話が聞き取りやすいです。

子供同士の会話はもちろん、大人が子供に話しかけるときもゆっくり話すからです。

 

以上、『フルハウス』での英語学習がおすすめな理由を5つご紹介しました。

 

『フルハウス』の英語難易度は?意外と難しい?

『フルハウス』の英語難易度は?意外と難しい?

先述の通り、海外ドラマの中でもかなり聞き取りやすいといえる『フルハウス』ですが、それでも元々は英語ネイティブ向けに作られた作品です。

英語を始めたばかりの人が楽しめるかというと、そうもいきません。

 

『フルハウス』を英語で楽しむなら、TOEIC600~700点はほしい

『フルハウス』を英語で楽しむなら、まずTOEIC600~700点くらいの基礎は出来上がっているのが望ましいです。

単語や文法がほとんど分からない状態では、さすがに調べることが多すぎて挫折してしまう可能性が高いですからね。

 

特に発音はリスニング力アップにものすごく効果的なので、まだ取り組んでいない方は「英語耳がTOEIC満点への第一歩でした【リスニングに絶大な効果】」を参考にしてみてください。

 

ネイティブの自然な英語に慣れる必要がある

さらに、基礎ができあがった上で、ネイティブの自然な英語にも慣れていく必要があります。

やはり資格試験用にクリアに録音された英語と、生の人間がリアルに話している英語は異なります。

 

後者の方がよりカジュアルですし、感情を込めて話したりするので不規則な発音・リズムになりがちです。

初めは聞き取りに苦労すると思いますが、何度も音声を聴き込んで徐々に慣れていきましょう。

 

資格試験では学べない口語表現もでてくる

また、TOEICなどの資格試験では出ない口語表現もたくさん出てきます

 

例えば以下のようなものですね。

イディオム意味
It's swell.すばらしいね
out like a lightぐっすり寝て/無意識で
take the rap for~の罪をかぶる
Long time no see.ひさしぶり

 

このようなイディオムは、単語それぞれの意味からは想像できないものも多いですよね。

でも、海外ドラマで英語を学ぶなら、必須の知識ともいえます。

 

出てきたものを一つずつ覚えてもいいですが、イディオムなどの口語表現がまとまった本である程度集中的に覚えてしまうのも1つの手です。

海外ドラマの理解度も上がって、さらに楽しくなりますよ。以下記事で紹介している本を参考にしてみてください。

英語イディオム・口語表現が学べるおすすめ本【リアル英会話のための洋書3冊】
英語イディオム・口語表現が学べるおすすめ本【リアル英会話に役立つ洋書3冊】

続きを見る

 

以上、『フルハウス』の英語難易度について解説しました。

 

『フルハウス』を使ったおすすめ英語勉強法

『フルハウス』を使ったおすすめ英語勉強法

『フルハウス』を使ったおすすめの勉強法をご紹介します。

 

①できれば英語字幕で見よう

できれば英語字幕で見るのがおすすめです。

コツは、ストーリーの流れさえ追えていれば細かい部分は気にしないことです。

 

どうしても難しい場合は日本語字幕で一旦見るのもアリですが、その場合は「純粋に作品を楽しめるか」が重要です。

日本語で20分の作品を見て、その後に英語で何度も何度も復習するのは、割と飽きやすいからですね。

 

日本語字幕で始めるなら、ストーリー性が強く、続きが気になる作品に切り替えるのも1つの手です。

そうすれば、続きが気になって自然と続けられますからね。

 

②スクリプトでリーディング力アップ

視聴し終わったら、ネットで字幕の書き起こし(スクリプト)を探し、読み込みましょう。

『fullhouse script』などと検索すればすぐにヒットします。

例えば、こちらです。

 

こういったスクリプトを読み込むことで、視聴時に分からなかった部分の理解を深めましょう。

毎日続けていれば、かなりのリーディング力アップにつながりますよ。

 

③音声を何度も聞いてリスニング力アップ

さらに、NETFLIXなどのアプリのダウンロード機能を使って端末に保存しておき、視聴済みエピソードの音声を何度も聞きましょう

保存していれば通信料はかかりませんし、バックグラウンドで再生できるのも便利です。

 

歩きながら、家事をしながら、リスニング教材のように使うのがオススメです。

 

以上の勉強法については、「【必見】海外ドラマ英語学習を超効率的に進める勉強法+おすすめドラマ20選」に詳しくまとめているので、合わせてチェックしてみてください。

まずは日本語字幕で始めたいという方向けに、ストーリー性の強いおすすめドラマも紹介しています。

 

『フルハウス』が英語字幕で見れるのはNETFLIX(続編の『フラーハウス』も)

『フルハウス』が英語字幕で見れるのはNETFLIX(続編の『フラーハウス』も)

海外ドラマで英語を学ぶなら、英語字幕は必須とも言えます。

 

現時点で『フルハウス』が英語字幕付きで見れる動画配信サービスはNETFLIXです。

さらに、『フルハウス』の続編として2016年から放送された『フラーハウス』も視聴可能となっています。

 

まとめ:『フルハウス』で楽しく英語学習をしよう

まとめ:『フルハウス』で楽しく英語を学ぼう

以上、海外ドラマ『フルハウス』を使った英語学習についての解説でした。

 

アメリカでも日本でも非常に愛されている作品なので、楽しみながら英語を学ぶには打ってつけの作品です。

ぜひ英語学習に取り入れてみてください。

 

リアルなアメリカ発音が学べる名著が無料

冒頭でもご紹介した「American Accent Training」は、海外ドラマで聞こえてくるようなアメリカ人のリアルな発音を理解するのに最適な一冊です。

「字幕を見ながら聞いているはずなのに、聞こえてくる音がぜんぜん違う」

「ネイティブがちゃんと単語1つ1つを発音記号通りに話してるようには思えない」

という経験、よくあると思います。

この本はそんなギャップを埋めてくれる、よりリアルなアメリカ英語の発音・リズム・イントネーションが徹底的に学べる本です。

フレーズ・文章単位で「アメリカ人が本当はどう発音しているのか」を解説しつつ、豊富なトレーニング問題で叩き込んでくれます。

海外ドラマのようなリアルな生きた英語を聞き取れるようになりたいなら、それらの発音パターンを押さえておくことで、より効率的にリスニング力をアップすることができます。

もちろんこの本をやったから100%聞き取れるというわけではありませんが、ドラマを見ながら体当たりで学んでいくよりは圧倒的に効率がいいです。

全編英語ですし、タイトルに「トレーニング」とある通り、取り組むのはけっこう気合がいります。

しかし今、あなたがリアルな英会話の聞き取りに壁を感じているなら、絶対に取り組む価値はあります

この本は日本では利用者が少ないですが、長年世界中の英語学習者から愛用されてきた本で、アマゾンレビューを見れば、そのことがよく分かると思います。

≫アマゾンでAmerican Accent Trainingのレビューを見る

Audibleがはじめてなら、この本の「電子書籍(PDF)+音声」が無料でダウンロードできます。

30日の無料期間中に解約すればお金はかかりませんし、ダウンロード済みのコンテンツは解約後も使い続けられるので、ぜひ取り組んでみてください。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

-海外ドラマで英語学習, ・作品別レビュー

© 2021 YOSHI BLOG