海外ドラマ・映画で英語学習 ・勉強法

海外ドラマを見るだけで英語力はアップする?【TOEIC満点が解説】

2020年11月10日

DMM英会話ネイティブプランに関する疑問2つ
海外ドラマで英語学習をしている人が多いみたいだけど、ドラマを見るだけで英語力がアップするのかな?それなら楽しく続けられそうだけど、そんなに甘くはないのかな。気を付けるべき点などあれば教えてほしいです。

 

こういった疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 海外ドラマを見るだけで英語力はアップする【※条件付き】
  • 海外ドラマを見るだけで伸びる能力と伸びない能力を解説

 

この記事を書いている人

Yoshiプロフィール

 

この記事を書いている僕は留学経験などはなく、これまで独学で英語を勉強してきました。

TOEICは満点を取っていたものの、仕事でアメリカ人と関わるようになり、力不足を痛感。

 

よりリアルな英語に慣れるため海外ドラマを英語学習に取り入れ、初めは苦戦したものの今ではストーリーを楽しみながら継続ができています。

 

この記事では、そんな僕が海外ドラマを見るだけで英語力が伸びるのかについて徹底解説します。

結論からいうと、基礎ができている人ならリスニングとリーディングは伸びる、です。

 

海外ドラマで楽しく英語を学んでみたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

海外ドラマを見るだけで英語力はアップする【※条件付き】

海外ドラマを見るだけで英語力はアップする【※条件付き】

海外ドラマを見るだけでも、英語力は確実にアップします。

しかし、海外ドラマを通して体系的な知識を学ぶことはできません

 

そういった意味で、ある程度の英語の基礎がないと、ムダな時間を多く過ごすことになると思います。

 

TOEIC700点レベルの英語力はあるのが望ましい

目安としては、海外ドラマと並行しながらでもいいので、TOEIC700点レベルの英語力を身につけることをオススメします。

 

これくらいの英語力がないと簡単な文章を理解するのにも悪戦苦闘するはず。

字幕をぜんぶ一時停止しながら見るのは、さすがに効率が悪すぎます。

 

英語の基礎をしっかり身につけよう

英語を聞いて理解するには、単語・文法・発音の3つの要素を把握する必要があります。

英語の基礎をやり直すなら、特に中学英文法と発音の2つに取り組むことをオススメします。

 

まず、最低限の文法知識がないとセリフの意味が分かりません。

日常会話なら中学英文法で十分なので、サクッと1冊取り組んでおきましょう。

 

それから、学校教育では疎かにされがちですが、発音習得はリスニング力アップに抜群の効果があります。

自分で正しく発音できる音は、確実に聞き取れるからです。

 

発音をしっかり学んだことがないという方は、「英語耳がTOEIC満点への第一歩でした【リスニングに絶大な効果】」を参考にしてみてください。

 

海外ドラマを見るだけで伸びるのは主に『リスニングとリーディング』

海外ドラマを見るだけで伸びるのは『リスニングとリーディング』

ある程度の基礎ができたら、海外ドラマを見るだけでも英語力アップが図れます。

特に、毎日見続けていればリスニングとリーディングは大きく伸びるでしょう。

 

リスニング:耳に集中することが大事

英語字幕を表示していると、文字にばかり注意が行ってなかなか耳には集中できないですよね。

かといって、いきなり字幕オフだとストーリーが理解できず、挫折する可能性が高いです。

 

まずは字幕ありで作品を楽しみましょう。

その後で、何度も何度もその音源を聞き、音を身体で覚えましょう。

 

できればシャドーイングなど、実際に声に出すのが効果的です。

※シャドーイング:お手本の音声に少し遅れてマネをすることで、発音・リズムを改善するトレーニング

 

リーディング:スクリプトを読み込もう

海外ドラマを見始めた頃から、字幕が表示されたスピードで理解するのは難易度が高いです。

ある程度はストーリーを追いつつも、ぜんぶその場で理解する必要はありません。

 

視聴後にスクリプトを読み込めばいいからです。

スクリプトは字幕の書き起こしのことで、「○○(ドラマ英語タイトル)+ script」と検索すれば、有名作品なら簡単に見つかります

 

  • 視聴時に英語字幕で速読
  • 視聴後にスクリプトで精読

 

この2つを組み合わせることで、リーディング力は確実にアップしますよ。

 

なお、ドラマの音源を何度も聞いたりスクリプトを読んだりと、1エピソードにかける時間が長いと感じたかもしれません。

ぼく自身もそのように感じ、効率的な方法を模索してきました。

 

以下記事にまとめましたので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

>> 【必見】海外ドラマ英語学習を超効率的に進める勉強法+おすすめドラマ5選

 

海外ドラマを見るだけでは『英会話力』は大きく伸びない

海外ドラマを見るだけでは『英会話力』は大きく伸びない

一方で、海外ドラマを「見るだけ」では英会話力の伸びは期待できません

ぼく自身、毎日ドラマを見て復習をしていましたが、学んだ英語が口から出てくるかというと、そう甘くはないです。

 

アウトプット機会を設けよう

海外ドラマを見続けたことで、仕事でもアメリカ人の話す英語がかなり理解できるようになった一方、スピーキングには物足りなさが残ったままでした。

海外ドラマでインプットはしているのものの、アウトプットの機会が皆無だったからです。

 

そこで始めたのがオンライン英会話です。

結果として、外資系企業などを中心に採用されているVERSANTというスピーキングテストでも、3カ月で58点から69点へアップと大幅に伸ばすことができました。

VERSANTのスコア目安はこちら

【VERSANTスコアの目安と分布】

スコア分布CEFRレベル解説
79~80点1%C2ネイティブレベルネイティブのような会話速度でも苦労なく相手の話を理解し、話すことができる。
69〜78点2%C1ネイティブレベルほとんど苦労なく流暢に自分の考えを表現できる。幅広いトピックスについて高い政策さでコミュニケーションでき、小さな間違いをおこすこともほとんどない。
63〜68点2%B2+英語で困らない最上級者ネイティブに匹敵する高い英語コミュニケーション力を持つ。
58〜62点3%B2   ネイティブとも議論できる上級者 英語でリーダーシップを発揮してビジネスをするために必要なレベル。
53〜57点8%B1+ 英語でビジネスができる中上級者  英語を使いビジネスをするためには最低限達成したいレベル。日々、英語スピーキングの訓練をしなければ、維持することは難しい。
47〜52点17% B1基礎英語力を身に着けた中級者 海外赴任などで必要とされる基礎的スピーキング力がある。日本人平均より10点程度高いが、英語でビジネスをするにはスキルアップが必要。
41〜46点27%A2+  ビジネスで英語を使うにはあと一歩の初中級者ビジネスで簡単な意思疎通はできるぐらいで、かなりのスキルアップが必要。
36〜40点 20%A2 日常会話でも初級レベル   日本人平均レベル。はっきりと、ゆっくり話されていれば、ある程度の理解ができる。
26〜35点17% A1英語で意思疎通は難しい  非常にゆっくりとした速さで明瞭に発音されれば、理解できる。暗記した文を短く途切れ途切れに使える。
20〜25点2%<A1 英語で意思疎通はほぼできない  ゆっくり直接話されれば、多少単語を理解できる。

参考:日経・アルク「第3回英語スピーキング・チャレンジ」成績発表 スコア分析レポートVERSANT日経スコア活用BOOK簡易版

 

体感としても、スムーズに自分の言いたいことが表現できるようになりました。

海外ドラマでインプットし、オンライン英会話でアウトプットすれば、かなり実践的な英会話力が身に付きます。

 

なお、以下記事にて人気のオンライン英会話について、Twitterユーザー100人以上を調査してランキング化してみました。

これからオンライン英会話を始めようと思っている人、乗り換えを考えている人はぜひチェックしてみてください。

>> Twitterユーザー100名超を調査!おすすめオンライン英会話ランキング【信頼度高め】

 

オンライン英会話は、海外ドラマと並んで現代の英語学習の必須ツールともいえます。

ぜひ、生活に取り入れてみてください。

 

まとめ:【海外ドラマを見るだけ】でも一定の効果はあり

まとめ:【海外ドラマを見るだけ】には一定の効果あり

以上、海外ドラマを「見るだけ」でも英語学習に効果があるのか解説しました。

ポイントをまとめると、以下の通りです。

 

海外ドラマを見るだけで効果はあるのか

  • 英語の基礎は身につけておかないと非効率
  • リスニングとリーディングは効果大
  • 英会話を伸ばすには、アウトプットの機会が必要

 

以上を念頭に、自分の目標に合った学習スタイルを見つけてみてください。

記事の途中でも紹介した、海外ドラマで効率的に勉強する方法は「【必見】海外ドラマ英語学習を超効率的に進める勉強法+おすすめドラマ5選」をどうぞ。

 

記事の内容は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

-海外ドラマ・映画で英語学習, ・勉強法

© 2021 YOSHI BLOG