オンライン英会話 ・効果・活用方法

オンライン英会話でうまく話せない4つの理由と解決方法を教えます

2020年10月31日

スパトレはこんな方におすすめ
オンライン英会話を始めてみたけど、思っていた以上にうまく話せないなあ。やる気満々だったけど、ちょっとモチベーションが下がってきた。どうすればうまく話せるようになるのか教えてほしいです。

 

こういった疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • オンライン英会話でうまく話せない4つの理由と解決策(初心者向け)
  • しばらく続けても話せない場合の解決策(中級者向け)

 

この記事を書いている人

Yoshiプロフィール

 

この記事を書いている僕は、オンライン英会話を利用して英会話力を大きくアップさせることができました。

具体的には、外資系企業などに採用されているVERSANTというスピーキングテストで、3カ月で58点から69点にアップしました。「1カ月で1点上がるかどうか」と言われているテストなので、結構すごいはず。

VERSANTのスコア目安はこちら

【VERSANTスコアの目安と分布】

スコア分布CEFRレベル解説
79~80点1%C2ネイティブレベルネイティブのような会話速度でも苦労なく相手の話を理解し、話すことができる。
69〜78点2%C1ネイティブレベルほとんど苦労なく流暢に自分の考えを表現できる。幅広いトピックスについて高い政策さでコミュニケーションでき、小さな間違いをおこすこともほとんどない。
63〜68点2%B2+英語で困らない最上級者ネイティブに匹敵する高い英語コミュニケーション力を持つ。
58〜62点3%B2   ネイティブとも議論できる上級者 英語でリーダーシップを発揮してビジネスをするために必要なレベル。
53〜57点8%B1+ 英語でビジネスができる中上級者  英語を使いビジネスをするためには最低限達成したいレベル。日々、英語スピーキングの訓練をしなければ、維持することは難しい。
47〜52点17% B1基礎英語力を身に着けた中級者 海外赴任などで必要とされる基礎的スピーキング力がある。日本人平均より10点程度高いが、英語でビジネスをするにはスキルアップが必要。
41〜46点27%A2+  ビジネスで英語を使うにはあと一歩の初中級者ビジネスで簡単な意思疎通はできるぐらいで、かなりのスキルアップが必要。
36〜40点 20%A2 日常会話でも初級レベル   日本人平均レベル。はっきりと、ゆっくり話されていれば、ある程度の理解ができる。
26〜35点17% A1英語で意思疎通は難しい  非常にゆっくりとした速さで明瞭に発音されれば、理解できる。暗記した文を短く途切れ途切れに使える。
20〜25点2%<A1 英語で意思疎通はほぼできない  ゆっくり直接話されれば、多少単語を理解できる。

参考:日経・アルク「第3回英語スピーキング・チャレンジ」成績発表 スコア分析レポートVERSANT日経スコア活用BOOK簡易版

 

この記事では、そんな僕がオンライン英会話でうまく話せない理由とその解決策について解説していきます。

ぼく自身、特に留学経験等はなくすべて独学でやってきたので、多くの方に参考になると思います。

 

初心者向け・中級者向けと分けて書いてみたので、オンライン英会話でうまく話せないとお悩みの方は、ぜひ読み進めてみてください。

 

オンライン英会話でうまく話せない4つの理由と解決策(初心者向け)

オンライン英会話でうまく話せない4つの理由と解決策(初心者向け)

オンライン英会話で初心者がうまく話せない理由は、以下の4つに分けられます。

 

オンライン英会話でうまく話せない理由

  • ①:英会話に慣れていない
  • ②:何を聞かれたかが分からない
  • ③:言いたいことが英語で言えない
  • ④:発音が伝わっていない

 

詳しく解説していきます。

 

話せない理由①:英会話に慣れていない

1つ目は、そもそも外国人と英会話することに慣れていないケースですね。

 

誰もが通る道です。慣れましょう。

アドバイスになっていないかもですが、この場合はしばらく続けるのみです。

 

ぼく自身も、9年間英語で仕事をしておきながら、初めてのオンライン英会話は緊張しました。

ですが、一度慣れてしまえばけっこう楽しいですよ。

 

ボタンを一つ押すだけで、世界中のいろんな国の講師と繋がれるってすごくないですか?

ポジティブな気持ちでレッスンに臨んでいれば、すぐに慣れることができます。

 

フィリピン人講師がおすすめ

それでも緊張してしまうという方には、フィリピン人講師がおすすめです。

既に利用している方も多いかもしれませんが、フィリピン人講師はイメージ通り陽気な人が多く、めちゃくちゃ褒めてくれます(笑)

 

これは個人的な印象ですが、ヨーロッパ系の講師はクールな方が比較的多い気がします。

なので、初めはフィリピン人のレッスンがおすすめですね。

 

「フィリピン人レッスンで本当に効果あるのかな」と疑問に思った方は「【オンライン英会話】フィリピン人講師のレッスンって実際どうなの?」をどうぞ。

 

話せない理由②:何を聞かれたかが分からない

英会話を始めたばかりなら、何を聞かれているか分からないことも多いですよね。

かといってそのままスルーしてしまうと、せっかくの学習機会が失われてしまいます。

 

「Sorry?」と「Could you type it?」で解決

講師の英語が聞き取れなかった時のためのフレーズ集なんかもありますが、長いと覚えきれませんよね。

 

シンプルに以下の2つだけ覚えておきましょう。

  • 1回で理解できなかったら、「Sorry?」で聞き直す
  • もう1回聞いても分からなかったら、「Could you type it?」でチャットに打ち込んでもらう

 

最悪、チャットボックスに書き込んでもらえば理解できる可能性が高いし、後で復習もしやすいですよね。

 

長期的には、シャドーイングがおすすめ

ただ、長期的にはリスニング力を磨いていくべきです。

おすすめはシャドーイングという、お手本の音声に沿って英語をマネするトレーニングです。

 

これにより発音・リズム改善とリスニング力アップが期待できます。

ぼく自身は独学でTOEIC満点を取りましたが、当時はシャドーイングばっかりしていましたね。

英語上級者に実践している方が多いトレーニング方法です。

 

シャドーイングを身につけるのにおすすめの参考書は、以下の2冊です。

まず『英語耳』で個別の母音・子音を学び、『決定版 英語シャドーイング』で実践します。

 

この2冊をやり込めば、自分の英語が伝わりやすくなり、かつリスニング力も格段にアップしますよ。

 

話せない理由③:言いたいことが英語で言えない

3つ目の理由は、「言いたいことが英語で言えない」です。

英会話力を上げるにあたっては、これが一番の課題ですよね。

 

レッスン教材を使おう

まずおすすめしたいのが、きちんとレッスン教材を使おうということです。

初心者でフリートークを繰り返してしまう人も多いですが、何のインプットもない状態でトークし続けても、出てくる表現は限られます。

 

ある程度自由に言いたいことが表現できるまでは、日常英会話などの教材を使うようにしましょう。

 

予習して言うことを全部考えてしまおう

そして教材を決めたら、ばっちり予習してしまいましょう。

教材には講師から投げかけられる質問も載っているので、それにも答えを用意しておきます。

 

うまく言えない部分が出てくるはずなので、適切な表現を調べてメモっておきましょう。

そうすることで言えなかった表現を本番で言えるようになり、スピーキング力がどんどん向上します。

 

ここまで予習してしまえば、レッスンで話せないことはほとんどなくなりますよ。

 

話せない理由④:発音が伝わっていない

最後に、発音が伝わっていない場合です。

 

これまで色んな国の方と仕事でコミュニケーションしてきた中で、彼らがいかに日本人の英語に苦労しているかも体感してきました。

日本人の英語は本当に伝わりにくいらしいです。

 

シンガポール人の英語はシングリッシュなどと揶揄されることもありますが、彼らの英語は日本人の100倍伝わるんですよね。

きちんとコミュニケーションするためには、ある程度正しい発音を身につけておく必要があります。

 

発音を学び直そう

ある程度英語を勉強してきた方なら、今さら発音なんて勉強したくないと思うかもしれません。

しかし、発音を勉強しておくかどうかで、英語力の伸びは大きく変わります

 

ぼく自身、メーカーの海外事業部に9年在籍していたので、いろんな日本人の英語を聞いてきました。

その中で、自信を持って外国人とコミュニケーションをしていたのは、発音をきっちり学んだことがすぐに分かる方々ばかりでした。

帰国子女でもないのに発音が正しく矯正されている方は、聞けば分かります。

 

自分の英語が伝わると確信しているからこそ、英会話に自信が出てきます

もし発音を学んだことがないなら、一度本腰を入れて取り組みましょう。

 

おすすめは英語耳という本で、「【英語耳で発音を学ぼう】TOEIC975点につながったおすすめ本」で紹介しています。

 

話せない理由まとめ:英語の基礎が固まっていない可能性が高い

ここまで、オンライン英会話でうまく話せない理由を4つご紹介しました。

英会話への慣れは場数をこなしていく必要がありますが、それ以外は英語の基礎をしっかり築き上げることで解決できます。

 

オンライン英会話で基礎をゼロから学ぼうと思っても、そもそも説明されている英語が理解できないはず。

基礎は自分で習得しましょう。

 

そして学んだことのアウトプットの場としてオンライン英会話を活用すると、学習効率が大きくアップします。

例えば発音テキストで練習した発音がちゃんと伝わるかチェックしてもらう、などです。

 

英会話の基礎の身につけ方は「英語初心者がオンライン英会話を始めて効果あるの?【上達するための勉強方法とは】」で詳しく解説しています。

 

しばらくオンライン英会話を続けたけど、それでも話せない場合の解決策(中級者向け)

しばらくオンライン英会話を続けたけど、それでも話せない場合の解決策(中級者向け)

次に、しばらくオンライン英会話を続けているけど、なかなかうまく話せるようにならないという場合の解決策をお伝えします。

基礎ができているという前提でいうと、機械的なレッスンになってしまっている可能性が高いです。

 

テキストに沿ったレッスンは英語の基礎を作る上では効果的ですが、流暢に話したいなら徐々に補助輪なしでの会話を増やしていく必要があります。

 

フリートーク的な要素を増やそう

おすすめは、フリートーク的な要素を増やすことです。

 

ぼく自身は事前に決めたトピックに沿って話すトークレッスンをよく受けていました。

その中で自由に会話を脱線させることで、即興で自分の言いたいことを表現する練習にしました。

 

シンプルにフリートークを選んでもいいのですが、「今日は何を話したいの?」って聞かれるとちょっと緊張しませんか?

毎回テーマを考えるのも大変なので、トピックの決まったトークレッスンがおすすめですよ。

 

そのあたりのコツは「【オンライン英会話でフリートーク】効果的に活用するためのコツ3つ」に書いていますので、参考にしてみてください。

 

普段話す内容を英語で言えるようにしよう

もう一つおすすめのコツとしては、普段自分が日本語で話すような内容を英語にするトレーニングです。

英語を話すからといって人格が変わるわけではないので、普段の自分の会話をすべて英語に置き換えられれば、流暢に話せるはずですよね。

 

ぼく自身は風呂の中でよくひとり言を話しています。

友達に話すような感覚で、今日1日で起きた出来事や、最近悩んでいることなど、自由に話し続けます。

 

ひとり言を1カ月くらい続けていると、徐々に言葉に詰まることが少なくなっていきますよ

 

まとめ:原因を特定して「話せない」を解決しよう

まとめ:原因を特定して「話せない」を解決しよう

以上、オンライン英会話でうまく話せない方向けに、その理由と解決策をご紹介しました。

原因を分解して一つ一つ取り組んでいけば、絶対に英語は話せるようになりますよ。

 

毎日英語レッスンができるなんて、一昔前では考えられないくらい便利な世の中になりました。

しかし多くの方はそれをフル活用できずに、「英会話はむずかしい」と言ってやめてしまいます。

 

半年くらい集中して取り組むだけで、優秀な英語人材になれる可能性は十分ありますよ。

 

なお、オンライン英会話選びについては「 Twitterユーザー100名超を調査!おすすめオンライン英会話ランキング【信頼度高め】を参考にしてみてください。

Twitterユーザー100名超を調査!おすすめオンライン英会話ランキング【信頼度高め】
Twitterで徹底調査!おすすめオンライン英会話ランキング【TOEIC満点が解説】

続きを見る

 

オンライン英会話はコスパ最強の英語学習ツールです。

ぜひ、生活に取り入れていきましょう。

 

今回の記事は以上です。

お読み頂きありがとうございました。

-オンライン英会話, ・効果・活用方法

© 2021 YOSHI BLOG