オンライン英会話 ・レビュー・比較

オンライン英会話の料金相場を徹底解剖【月額・レッスン当たりで比較】

2020年10月30日

ブログ筆者がDMM英会話を利用した感想【よかった点】
オンライン英会話に興味が出てきたけど、料金っていくらくらいが相場なのかな?フィリピン人講師が多いみたいだけど、ネイティブだとやっぱり高いのかな?比較して教えてほしいです。

 

こういった疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • オンライン英会話でかかる料金を解説(月額・テキスト・予約)
  • オンライン英会話のコース別料金相場

 

この記事を書いている人

Yoshiプロフィール

 

この記事を書いている僕は、オンライン英会話を利用して英会話力を大きくアップさせることができました。

具体的には、外資系企業などに採用されているVERSANTというスピーキングテストで、3カ月で58点から69点にアップしました。「1カ月で1点上がるかどうか」と言われているテストなので、結構すごいはず。

VERSANTのスコア目安はこちら

【VERSANTスコアの目安と分布】

スコア分布CEFRレベル解説
79~80点1%C2ネイティブレベルネイティブのような会話速度でも苦労なく相手の話を理解し、話すことができる。
69〜78点2%C1ネイティブレベルほとんど苦労なく流暢に自分の考えを表現できる。幅広いトピックスについて高い政策さでコミュニケーションでき、小さな間違いをおこすこともほとんどない。
63〜68点2%B2+英語で困らない最上級者ネイティブに匹敵する高い英語コミュニケーション力を持つ。
58〜62点3%B2   ネイティブとも議論できる上級者 英語でリーダーシップを発揮してビジネスをするために必要なレベル。
53〜57点8%B1+ 英語でビジネスができる中上級者  英語を使いビジネスをするためには最低限達成したいレベル。日々、英語スピーキングの訓練をしなければ、維持することは難しい。
47〜52点17% B1基礎英語力を身に着けた中級者 海外赴任などで必要とされる基礎的スピーキング力がある。日本人平均より10点程度高いが、英語でビジネスをするにはスキルアップが必要。
41〜46点27%A2+  ビジネスで英語を使うにはあと一歩の初中級者ビジネスで簡単な意思疎通はできるぐらいで、かなりのスキルアップが必要。
36〜40点 20%A2 日常会話でも初級レベル   日本人平均レベル。はっきりと、ゆっくり話されていれば、ある程度の理解ができる。
26〜35点17% A1英語で意思疎通は難しい  非常にゆっくりとした速さで明瞭に発音されれば、理解できる。暗記した文を短く途切れ途切れに使える。
20〜25点2%<A1 英語で意思疎通はほぼできない  ゆっくり直接話されれば、多少単語を理解できる。

参考:日経・アルク「第3回英語スピーキング・チャレンジ」成績発表 スコア分析レポートVERSANT日経スコア活用BOOK簡易版

 

この記事では、そんな僕がオンライン英会話でかかる料金やコース別料金相場について徹底解説します。

 

これまでレアジョブ・ネイティブキャンプ・DMM英会話・Camblyといろいろ乗り換えながら続けてきたのですが、今思うことは、「やっぱり長く続けるには月額料金って大切」だということ。

 

オンライン英会話の料金相場について詳しく知りたい方は、ぜひ読み進めてみてください。

 

オンライン英会話の料金相場はコース次第

オンライン英会話の料金相場はコース次第

まずはオンライン英会話の一般的な料金体系について理解しておきましょう。

 

講師の国籍・レッスン内容によって変動する

オンライン英会話の料金は在籍講師の国籍やレッスン内容によって大きく変動します。

具体的には、ネイティブか非ネイティブか、日常会話かビジネス英語か、などです。

 

この記事では、それらのコース別の料金相場について解説していきますね。

 

基本的には月額料金のみ発生(例外あり)

オンライン英会話にかかる料金は、基本的には月額料金のみであることが多いです。

例外として、特別なレッスンを受ける場合のテキスト代(例:カランメソッド)や、レッスン予約制でないサービスで予約したい場合などは別料金がかかることがあります。

 

ただ、基本的には月額料金だけで済む場合がほとんどです。

 

オンライン英会話のコース別料金相場

オンライン英会話のコース別料金相場

それではさっそくコース別の料金相場を見ていきましょう。

 

1日1レッスンプランで比較した場合の料金相場は、以下の通りです。

もちろん講師や教材の質にこだわっているサービスはこの相場より高くなりますので、あくまで目安としてどうぞ。

 

オンライン英会話のコース別料金相場

コース月額料金1レッスン当たり料金(25分)
非ネイティブ講師(通常)6,500円200円強
非ネイティブ講師(ビジネス英語)12,000円400円
ネイティブ講師 15,000~25,000円500~800円

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

非ネイティブ(通常)の料金相場

非ネイティブ講師の通常プランでは、1レッスンあたり200円強が相場です。

人気なのはレアジョブ・DMM英会話・ネイティブキャンプといったところですね。

 

非ネイティブ(通常)の料金相場

(表はスクロールできます)

サービス名月額料金(税込)1レッスンあたり料金(25分)講師の国籍レッスン数教材の種類
レアジョブ6,380円213 円フィリピンのみ固定少なめ
DMM英会話6,480円216 円100カ国以上固定豊富
ネイティブキャンプ6,480円レッスン数次第100カ国以上受け放題豊富

 

月額6,000円台で毎日英会話レッスンができるので、続けやすいですよね。

 

レアジョブとDMM英会話は1日1レッスンで予約制です。

ネイティブキャンプはレッスン受け放題という破格のサービスですが、「今すぐレッスン」が基本となっており、予約には別料金がかかります。

 

非ネイティブ(ビジネス英語)の料金相場

ビジネス英語に特化したコースは、通常プランの2倍程度の料金相場で、月額1万円を超えてきます。

それでも、仕事で英語を使えるようになりたい方にはおすすめですね。

 

人気なのは、レアジョブのビジネスコース、それからビズメイツというビジネス英語専門のオンライン英会話サービスです。

 

非ネイティブ(ビジネス英語)の料金相場

(表はスクロールできます)

サービス名月額料金(税込)1レッスンあたり料金(25分)講師の国籍レッスン数教材の種類
レアジョブ(ビジネス)10,780円359 円フィリピンのみ固定少なめ
ビズメイツ13,200円440 円フィリピンのみ固定豊富

 

ビズメイツはビジネス経験のある講師だけを採用しており、質が高いです。

レベルチェック付き体験レッスンが無料なので、興味のある方はぜひ試してみてください。

 

ネイティブ講師の料金相場

ネイティブ講師はやはり料金設定としてはかなり高くなります。

非ネイティブ講師(通常プラン)の2.5倍~4倍くらいにはなりますね。

 

ネイティブ講師の料金相場

(表はスクロールできます)

サービス名月額料金(税込)1レッスンあたり料金(25分)講師の国籍レッスン数教材の種類
DMM英会話(ネイティブ)15,800円527 円100カ国以上固定豊富
Cambly14,990円833 円ネイティブのみ固定少なめ

※Camblyはレッスン時間が15分で、他社の25分と比べて短いです。(1レッスンあたり料金は25分換算して掲載しています。)

 

上記は人気のDMM英会話のネイティブプラン、ネイティブ講師のみを抱えるCamblyを比較したものです。

 

毎日ネイティブのレッスンを受けたいなら、DMM英会話の1レッスン527円は相当お得ですね。

ネイティブプランとしては最安値レベルなので、とにかくネイティブと話しまくりたいという方には打ってつけです。

 

Camblyはネイティブ講師のみを揃えており、レッスン単価は高いものの「週に3回」など柔軟にプラン設定ができるのが特徴です。

 

日本人講師の料金相場は?

日本人講師は、ネイティブ講師より少し安いか同等レベルの料金であることが多いです。

具体的には、DMM英会話ではネイティブプランの対象になっていますし、ネイティブキャンプでは予約に400コイン(800円相当)が必要です(ネイティブは500コイン(1,000円相当))。

 

高いですが、日本人講師とのレッスンには以下のメリットがあります。

 

日本人講師のメリット

  • 分からない箇所を日本語で聞ける
  • 心理的なハードルが低い
  • 日本人がつまずきやすいポイントを理解している

 

詳しくは「オンライン英会話の日本人講師を選ぶメリットは3つ【おすすめも紹介】」をご覧ください。

 

まとめ:オンライン英会話の料金相場はコース次第 ⇒ まずは非ネイティブ(通常)からスタートしよう

まとめ:オンライン英会話の料金相場はコース次第 ⇒ まずは非ネイティブ(通常)からスタートしよう

以上、オンライン英会話の料金相場についてコース別にまとめました。

振り返ると、以下の通りです。

 

オンライン英会話のコース別料金相場

コース月額料金レッスン当たり料金
非ネイティブ講師(通常)6,500円200円強
非ネイティブ講師(ビジネス英語)12,000円400円
ネイティブ講師 15,000~25,000円500~800円

 

オンライン英会話は最低3カ月、できれば6カ月~1年は続けないと効果を感じづらいです。

そう考えた場合に、ビジネス英語やネイティブプランを選び、月に1万円以上の出費を続けられるかという点も考えておく必要があります。

 

大半の人にとっては非ネイティブ講師で十分な場合が多いですし、ビジネス英語教材はDMM英会話やネイティブキャンプの通常コースでも使用することができます。

なので、とりあえず非ネイティブの通常プランから始めて、「ネイティブから学びたい」「ビジネス英語を極めたい」という思いが強くなってから乗り換えるのがおすすめです。

 

なお、オンライン英会話選びについては「 Twitterユーザー100名超を調査!おすすめオンライン英会話ランキング【信頼度高め】を参考にしてみてください。

Twitterユーザー100名超を調査!おすすめオンライン英会話ランキング【信頼度高め】
【Twitterで調査!】オンライン英会話人気ランキング&ニーズ別選び方も解説

続きを見る

 

オンライン英会話はコスパ最強の英語学習ツールです。

ぜひ、生活に取り入れてみてください。

 

今回の記事は以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

-オンライン英会話, ・レビュー・比較

© 2021 YOSHI BLOG