オンライン英会話 ・効果・活用方法

英語初心者がオンライン英会話を始めて効果あるの?【上達するための勉強方法とは】

2020年10月24日

英語初心者がオンライン英会話を始めて効果あるの?【上達するための勉強方法とは】
オンライン英会話に興味があるけど、初心者がいきなり始めて効果はあるのかな?上達するために必要な勉強方法があれば、合わせて知りたいです。

 

こういった疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 英語初心者がオンライン英会話を始めて効果はあるのか
  • 英語初心者が英会話を上達させるための勉強方法とは

 

この記事を書いている人

Yoshiプロフィール

 

この記事を書いている僕は、オンライン英会話を利用して英会話力を大きくアップさせることができました。

具体的には、外資系企業などに採用されているVERSANTというスピーキングテストで、3カ月で58点から69点にアップしました。「1カ月で1点上がるかどうか」と言われているテストなので、結構すごいはず。

VERSANTのスコア目安はこちら

【VERSANTスコアの目安と分布】

スコア分布CEFRレベル解説
79~80点1%C2ネイティブレベルネイティブのような会話速度でも苦労なく相手の話を理解し、話すことができる。
69〜78点2%C1ネイティブレベルほとんど苦労なく流暢に自分の考えを表現できる。幅広いトピックスについて高い政策さでコミュニケーションでき、小さな間違いをおこすこともほとんどない。
63〜68点2%B2+英語で困らない最上級者ネイティブに匹敵する高い英語コミュニケーション力を持つ。
58〜62点3%B2   ネイティブとも議論できる上級者 英語でリーダーシップを発揮してビジネスをするために必要なレベル。
53〜57点8%B1+ 英語でビジネスができる中上級者  英語を使いビジネスをするためには最低限達成したいレベル。日々、英語スピーキングの訓練をしなければ、維持することは難しい。
47〜52点17% B1基礎英語力を身に着けた中級者 海外赴任などで必要とされる基礎的スピーキング力がある。日本人平均より10点程度高いが、英語でビジネスをするにはスキルアップが必要。
41〜46点27%A2+  ビジネスで英語を使うにはあと一歩の初中級者ビジネスで簡単な意思疎通はできるぐらいで、かなりのスキルアップが必要。
36〜40点 20%A2 日常会話でも初級レベル   日本人平均レベル。はっきりと、ゆっくり話されていれば、ある程度の理解ができる。
26〜35点17% A1英語で意思疎通は難しい  非常にゆっくりとした速さで明瞭に発音されれば、理解できる。暗記した文を短く途切れ途切れに使える。
20〜25点2%<A1 英語で意思疎通はほぼできない  ゆっくり直接話されれば、多少単語を理解できる。

参考:日経・アルク「第3回英語スピーキング・チャレンジ」成績発表 スコア分析レポートVERSANT日経スコア活用BOOK簡易版

 

この記事では、そんな僕が英語初心者にオンライン英会話は効果があるのか、効果を上げるためにどう勉強すべきか、詳しく解説します。

 

英語学習を始めたばかりで、オンライン英会話の利用を迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

英語初心者がオンライン英会話を始めて効果あるのか ⇒ どう使うか次第です!

英語初心者がオンライン英会話を始めて効果あるのか ⇒ どう使うか次第です!

英語学習を始めたばかりの方にとって、いきなりオンライン英会話を始めて効果があるのか、気になりますよね。

結論から言うと、それはあなたの「使い方次第」です。

 

理由を解説していきますね。

 

オンライン英会話「だけ」では効果がない

オンライン英会話だけで英語力を伸ばそうと思っているのであれば、それでは効果が出ない可能性が高いです。

なぜなら、オンライン英会話はアウトプットをすることで最大限効果を発揮する場だからです。

 

アウトプットするためには、まず自分でインプットしておく必要がありますよね。

知識が蓄積されていない状態でどれだけ話そうとしても、新たな表現が身に付くことはありません。

 

たしかにオンライン英会話でも新たな表現を学んだりするのですが、たった1回レッスンで使っただけでは翌日にはほぼ忘れています

オンライン英会話以外にも自主的に取り組むことで、初めてオンライン英会話の効果が高まってきます

 

基礎は自分で学ぶという姿勢が大事

英語の基礎というと「単語・文法・発音」の3つが重要です。

 

オンライン英会話の講師の英語がぜんぜん分からない段階で、文法や発音を学ぼうとするのは、効率がいいとは言えません。

日本語ですら理解がむずかしい文法用語、英語で聞いてちゃんと理解できるでしょうか。

僕もいまだに100%の自信はないですね・・・。

 

日本語で概要を押さえてから英会話レッスンに臨むことで、吸収力が一気に上がります。

基礎は自分で学ぶという姿勢でいましょう。

 

留学経験者の多くが言うこと

ぼく自身はTwitterで多くの英語学習者と交流させて頂いていますが、留学経験者の多くがこう言っています。

 

「日本でもっと勉強してから来ればよかった…!!」

 

ネイティブから英語を学ぶチャンスが目の前にあるのに、日本で学べたはずの内容に時間を費やすのは本当にもったいない、ということですね。

 

これはオンライン英会話でも同じです。

 

せっかく英語を話せる講師がいるのに、文法テキストの理解に時間がかかってしまう。

これではもったいないし、効率がよくないです。

 

自分で学べる内容は自分で学び、オンライン英会話ではレッスンだからこそ学べる内容に集中しましょう。

そのための勉強方法を以下で解説していきますね。

 

英語初心者が英会話を上達させるための勉強方法

英語初心者が英会話を上達させるための勉強方法

それでは、英会話初心者が自分で基礎を身につける方法を解説します。

 

単語・文法・発音が大事と言いましたが、単語は文法や発音を学ぶ中でも自然に出てくるので、「文法・発音」の2つにフォーカスします。

 

上達のための勉強方法①:文法基礎編

文法でまずやるべきことは、以下の2つです。

 

文法力を上げるためにやるべきこと

①:中学英文法をざっくり復習する

②:文法を「使える」レベルまでトレーニングする

 

①:中学英文法をざっくり復習

英会話なら、よく言われる通りとりあえず中学英文法で十分です。

これまで9年仕事で英語を使ってきましたが、正直ほとんど中学英語しか使っていないです。

 

中学英文法を学び直すテキストとして人気が高いのは、このあたりですね。

 

洋書や英語雑誌を読みたいなら、ゆくゆくは高度な文法も学ぶ必要があります。

しかし、英語を話したいなら、「理解できる文法の幅を広げる」ことよりも、まずは「知っている文法を使えるようにする」ことの方が大事です。

 

②:瞬間英作文で使える文法力を

というわけで、文法を使えるようにするためのトレーニングです。

おすすめは以下の瞬間英作文です。

 

簡単な文章を即座に英語に訳していくトレーニングをすることで、英語を話すための回路を頭の中に作るというのがコンセプトです。

日本人は基本的に話すためのトレーニングをしたことがない人がほとんどなので、この本はすごく効きますよ。

 

上達のための勉強方法②:発音基礎編

続いて、発音の基礎を学ぶ方法です。

やるべきことは以下の2つ。

 

発音力を上げるためにやるべきこと

①:母音・子音を学ぶ

②:シャドーイングで英語のリズムを身につける

 

順番に解説していきますね。

 

①:母音・子音を学ぶ

まずは、英語の発音について、一つ一つの音を学んでいきましょう。

発音はただ英語がかっこよく聞こえるだけではなくて、リスニング力のアップなどさまざまな効果があります。

 

これまで会社で働く中でもいろんな人の英語を聞いてきましたが、「発音を学んだかどうか」が、英語力を伸ばすための大きな岐路になっていることが多いと感じます。

 

  • 発音を身につけていない人は、TOEICでも700点や800点止まりで、英会話に苦手意識がある。
  • 発音をしっかり身につけた人は、TOEIC900点以上を達成し、英会話に自信を持っている。

 

ざっくりいうとこんなイメージです。

あくまで僕の経験上の話ですが、けっこう当たっているのではと思います。

 

というわけで、まずは発音の基礎である母音・子音について学ぶことをおすすめします。

以下の英語耳は有名な本で、すごく取り組みやすかったです。

 

詳しいレビューは以下記事をどうぞ。

>> 【英語耳で発音を学ぼう】TOEIC975点につながったおすすめ本

 

②:シャドーイングで英語のリズムを身につける

個別の発音を学んだ後におすすめしたいのが、シャドーイングです。

 

シャドーイングとは

お手本の英語音声に少し遅れて影のようについてマネしていくトレーニング

 

英語教材に付属のCDなどを使って、どんどんネイティブの真似をしましょう。

こうすることで、単語同士の音のつながりなどが自然と身に付いてきます。

 

初めに取り組むのは以下の本がおすすめです。

 

経験上、やはりカタカナ英語ではコミュニケーションに支障をきたすことが多いです。

正しい英語の発音・リズムを身につけることは、外国人と英語で話す上での最低限のマナーとも言えます。

 

上達のための勉強方法③:オンライン英会話・独り言でアウトプット

文法と発音の基礎を固めつつ、オンライン英会話や独り言でアウトプットしていきましょう。

やはり学んだことをすぐ使うのが、一番定着しますからね。

 

以上、初心者がオンライン英会話で上達するための勉強方法をご紹介しました。

 

初心者こそ、自主学習と掛け合わせることでオンライン英会話の効果アップ

初心者こそ、自主学習と掛け合わせることでオンライン英会話の効果アップ

ここまで英語初心者が英会話の基礎を学ぶ方法をお伝えしてきました。

 

文法の勉強をやりつつ、発音を練習しつつ、オンライン英会話って大変だなあ…。

 

こう思ったかもしれません。

 

しかし、オンライン英会話と掛け合わせることによってその定着率は大きくアップします。

おすすめは以下のようなやり方です。

 

自主学習とオンライン英会話の掛け合わせ例

  • 文法: テキストで学んだ内容と同じ文法項目のレッスンを受ける
  • 発音: 練習していてイマイチ自信が持てない発音に絞ってレッスンを受ける

 

こうすれば、学んだことをすぐ実践できるだけでなく、誤りがあれば講師から直してもらうこともできます。

 

ぼく自身が英語学習を始めた頃は、オンライン英会話が今ほど普及していませんでした。

一人で発音練習をしていて「これで合ってるのかな?」と不安になることも多かったです。

 

その意味では、英語学習の初期からオンライン英会話を使えるのはすごくうらやましいです。

ぜひ使い倒して、英語力アップにつなげましょう。

 

まとめ:【オンライン英会話の効果は自分次第】積み上げて突き抜けよう

効果が出るかは自分次第。きっちり積み上げて突き抜けよう。

というわけで、英語初心者にオンライン英会話は効果がないという人もいますが、要は使い方次第です。

きっちり積み上げていけば、いつか突き抜ける瞬間が必ず来るので、地道にコツコツやっていきましょう。

 

なお、オンライン英会話選びについては「 Twitterユーザー100名超を調査!おすすめオンライン英会話ランキング【信頼度高め】を参考にしてみてください。

Twitterユーザー100名超を調査!おすすめオンライン英会話ランキング【信頼度高め】
【Twitterで調査!】オンライン英会話人気ランキング&ニーズ別選び方も解説

続きを見る

 

オンライン英会話はコスパ最強の英語学習ツールです。

ぜひ、生活に取り入れていきましょう。

 

今回は以上になります。

それでは。

-オンライン英会話, ・効果・活用方法

© 2021 YOSHI BLOG