オンライン英会話 オンライン英会話の悩み

フィリピン人講師がいるオンライン英会話5選|TOEIC満点が魅力を語る

2020年8月25日

ワールドトークの体験レポート
フィリピン人講師が在籍するオンライン英会話はたくさんあるみたいだけど、どこがおすすめなんだろう?フィリピン人講師を選ぶメリットも合わせて知りたいです。

 


このブログを運営している、よし (@yoshiblog0721)です。
これまで様々なオンライン英会話サービスを利用し、おかげでスピーキングテストVERSANTのスコアも大きくアップしました(58点⇒71点)。
フィリピン人レッスンが受けられるおすすめのサービスを紹介しますね。
YOSHI

 

ぼく自身、有名どころのオンライン英会話サービスは片っ端から利用してきました。

具体的には、Twitterでユーザー数の多いオンライン英会話を調べて、特に人気だった以下6社はすべて有料会員として利用しました。

 

上記のうちCamblyを除く5社は、すべてフィリピン人講師が在籍するサービスですね。

「オンライン英会話といえばフィリピン人講師」と言っても差し支えないくらい、フィリピン人を採用しているサービスは多いです。

 

しかし、同じフィリピン人のレッスンといっても各社特色があるので、それぞれ特徴を紹介していきますね。

 

合わせてオンライン英会話にフィリピン人講師が多い理由や、フィリピン人講師を選ぶデメリットについても解説します。

オンライン英会話選びで迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

フィリピン人講師がいるオンライン英会話5選

フィリピン人講師がいるオンライン英会話5選

まず、冒頭でもご紹介した人気の5社について、それぞれの特徴をさくっとご紹介していきます。

 

DMM英会話

結局DMM英会話が最強だと思う7つの理由【ネイティブプランユーザーによる口コミ・評判】

 

DMM英会話の基本情報

料金プラン月額6,480円(スタンダードプラン、1日1レッスンの場合)
講師の国籍120カ国以上
講師数6,500人(ネイティブ講師800人以上)
レッスン時間25分
レッスン予約無料
受講可能時間24時間
テキストの種類デイリーニュース、会話、写真描写、健康とライフスタイル、 旅行と文化、ビジネス、キッズ英語、世界の文学、文法、発音、語彙、テーマ別英会話、ディスカッション、スピーキングテスト、IELTSスピーキング対策、TOEICスピーキングリアル模試、TOEFL iBTスピーキング、英検対策、公式ケンブリッジIELTSガイド、エレメンタリーリーディング・シリーズ、Let's Go、Side by Side、シーン別本当に使える実践ビジネス英会話、瞬間英作文、Grammar in Use、Speak Now、Passport

 

まずはDMM英会話です。

Twitterで調べたユーザー数でも1位でしたが、ぼく自身もいろんなサービスを試した結果、最終的にDMM英会話に落ち着きました。

 

月額料金が業界最安値レベルでありながら、教材ラインナップや講師の国籍がバリエーション豊かで、自分に合った使い方ができるんですよね。

 

フィリピン人講師が豊富に在籍しているのはもちろん、120か国以上の講師がいます。

普段はフィリピン人のレッスンを受けつつ、気分転換にヨーロッパの講師を受けてみるといった使い方もできますね。

 

オンライン英会話の多くはメリット・デメリットがそれぞれありますが、DMM英会話は目立った欠点がなく、総合的に満足度が高いです。

 

\世界120カ国以上の講師とレッスン/

DMM英会話公式ページはこちら

※体験レッスンが2回無料!

 

あわせて読みたい

 

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプってどんなサービス?

続いて人気なのがネイティブキャンプです。

ネイティブキャンプの基本情報

料金プラン月額6,480円(レッスン受け放題、ただしレッスン予約は有料)
講師の国籍100カ国以上
講師数12,000人
レッスン時間25分
レッスン予約有料
受講可能時間24時間
テキストの種類初めてのレッスン、SIDE by SIDE、英検®二次試験対策、TOEIC®L&R TEST 600点対策、TOEIC®L&R TEST 800点対策、文法、トピックトーク、スピーキング、実践発音、5分間単語クイズ、旅行英会話、5分間ディスカッション、イギリス英語発音、ビジネス英会話、デイリーニュース、実践!仕事の英語、ニュース、NATIONAL GEOGRAPHIC LEARNING、キッズ(はじめてのえいご)、Let's Go、都道府県教材、異文化コミュニケーション、ゲームで英会話、フリートーク、カウンセリング

※有料テキストや別プラン除く

 

ネイティブキャンプはなんと言っても「レッスン受け放題」が最大の魅力です。

予約なしレッスンなら、本当に1日何回受けても月額6,480円です。

 

レッスン予約は別料金がかかってしまうので、予約制を好む人にはおすすめできません。

ただ、講師選びよりもとにかくレッスン数を増やしたいという方にはぴったりですね。

また、帰宅時間が読めないサラリーマンや家事・育児に追われる主婦の方など、空いた時間でサクッと受けたいという方にもおすすめです。

 

DMM英会話と同じく120か国以上の講師が在籍しており、レッスン教材の種類も豊富です。

もちろんフィリピン人講師も多く在籍しており、いろんな国の講師を試してみたい方におすすめです。

 

\予約なしレッスン受け放題/

ネイティブキャンプ公式ページはこちら

※体験レッスンが7日間無料!

 

あわせて読みたい

 

レアジョブ

1.英会話初心者ならレアジョブで無料体験

続いてレアジョブです。

レアジョブの基本情報

料金プラン月額6,380円(1日1レッスンの場合)
講師の国籍フィリピンのみ(採用率は1%と厳選)
講師数6,000人
レッスン時間25分
レッスン予約無料
受講可能時間朝6時から深夜1時まで
テキストの種類オンライン英会話準備、日常英会話、スモールトーク、ディスカッション、発音

 

レアジョブも、月額料金としてはDMM英会話・ネイティブキャンプと大きく変わりません。

月額6,380円で毎日レッスンが受けられるので、業界最安値水準だといえます。

 

先にご紹介した2社と比べて、まずレアジョブの講師はフィリピン人のみです。

その代わり、そのフィリピン人講師たちの採用率は1%と厳選されているのが特徴です。

 

またレッスン教材の種類も少ないのですが、メイン教材である「日常英会話」には語彙・発音・文法・会話など、英会話に必要な要素が網羅的に詰まっています

 

講師国籍やレッスン教材などのバリエーションが少ないので、飽きやすいのが欠点です。

しかし、優秀な講師陣と教材のおかげで、続ければ確実に力のつくオンライン英会話だといえます。

 

\厳選されたフィリピン人講師/

レアジョブ公式ページはこちら

※体験レッスンが2回無料!

 

あわせて読みたい

 

QQ English

ランキング5位:QQ English(6票)

続いてQQ Englishです。

QQ Englishの基本情報

料金プラン月額10,648円(月30回コースの場合)
講師の国籍フィリピン
講師数1,300人
レッスン時間25分
レッスン予約無料
受講可能時間24時間
テキストの種類QQE Basics、日常英会話コース、ビジネス英会話、カランメソッド、カランメソッドハードコア、R.E.M.S.、使える!トラベル英会話、Welcome Aboard、O-MO-TE-NA-SHI 英会話、発音クラス、トピックカンバセーション、新トピックカンバセーション、SDGsトピックカンバセーション、News Alert、Global Business Skills、ボキャブラリービルダー、TOEIC試験対策プログラム、スタディサプリENGLISHビジネス英語コース、スタディサプリENGLISH新日常英会話コース、グループトピックカンバセーション、Smart Kids、We Sing We Learn、Talking Time、Time to Talk、Callan for Kids、中学英語Web講座

 

QQ Englishは、すでにご紹介した3社の月額料金6,500円程度と比較すると、月30回コースが10,648円と割高です。

しかしその分クオリティにこだわったオンライン英会話サービスになっています。

 

フィリピン人講師のみが在籍しているのですが、なんと国際的に認知されている英語教授法TESOLを講師全員が修了しています。

オンライン英会話は大学生などがバイト替わりに講師をしていることも多いですが、QQ Englishは全講師が教育のプロだといえます。

 

また、すべてオフィスからのレッスンなので、通信回線が安定しているというのも大きいです。

フィリピンは特に住宅エリアでは通信インフラが安定しておらず、レッスンが途切れてしまうこともあります。

QQ Englishではオフィスからのレッスンであることで、通信の乱れや雑音に悩まされることも少ないです。

 

料金は割高ですが、1回1回のレッスンを大切にしたい方におすすめです。

 

\質重視のフィリピン人レッスン/

QQ English公式ページはこちら

※体験レッスンが2回無料!

 

あわせて読みたい

 

ビズメイツ

ランキング6位:Bizmates(5票)

最後はビズメイツです。

ビズメイツの基本情報

料金プラン月額13,200円(1日1レッスンの場合)
講師の国籍フィリピン
講師数1,500人以上(全員ビジネス経験あり)
レッスン時間25分
レッスン予約無料
受講可能時間朝5時~深夜1時まで
テキストの種類
  • Bizmates Program
  • Other Program
  • Assist Lesson
  • Discovery

 

ビズメイツもフィリピン人講師のみが在籍するサービスなのですが、特徴はビジネス英語に特化している点です。

 

料金はDMM英会話やレアジョブの2倍程度と高いです。

しかし、ビジネス英語を徹底的に習得するためのカリキュラム、全員がビジネス経験者という講師陣という特徴があり、特にビジネスパーソンに人気です。

 

英語を使う部署に突然異動になった方など、仕事で使う英語を最優先でマスターしたい方におすすめですね。

 

\ビジネス英語が集中して学べる/

ビズメイツ公式ページはこちら

※体験レッスンが1回無料!

 

あわせて読みたい

 

以上、フィリピン人講師がいるおすすめのオンライン英会話を5つご紹介しました。

 

もっと詳しい比較が見たいという方は、以下記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい

 

なぜオンライン英会話にフィリピン人講師が多いのか

なぜオンライン英会話にフィリピン人講師が多いのか

そもそも、なぜオンライン英会話にはフィリピン人の講師が多いのでしょうか?

大きく分けて、その理由は2つです。

 

英語が国全体に浸透している

まず、フィリピン人の英語力の高さが挙げられます。

実は小学校から、学校の授業は英語で行われています。

 

日本ではようやく小学校で英語を学び始めましたが、フィリピンでは英語を使ってモノゴトを学んでいるのです。

 

ぼく自身、仕事で20回以上フィリピンに出張したことがあります。

フィリピン人との会議も何度も経験しましたが、彼らの英語は本当に流暢です。

子供の頃から当たり前のように英語を使ってきているので、納得ですよね。

 

近年では、アメリカなど先進国向けのコールセンタービジネスがフィリピンで栄えています。

ネイティブにも通じる英語力を多くの国民が備えているからこそ、成り立つビジネスだといえますね。

 

物価・給料が安い

さらに、フィリピンがまだまだ発展途上の国だという事情もあります。

つまり、物価・給料が安いんですよね。

 

本記事でもご紹介したDMM英会話やレアジョブでは、1レッスンが200円前後で提供されています。

25分レッスンなので、時給換算すると約480円です。

 

講師の手元に入るお金は当然もっと少ないので、先進国では到底成り立ちませんね。

実際、ネイティブレッスンを毎日受けようとすると2~3万円かかるサービスが多いです。

 

フィリピン人講師が安くレッスンを提供してくれているからこそ、ここまでオンライン英会話が普及したのだといえます。

 

オンライン英会話でフィリピン人講師を選ぶデメリット

オンライン英会話でフィリピン人講師を選ぶデメリット

一方で、オンライン英会話でフィリピン人講師のレッスンを受けるデメリットもあります。

 

発音・訛りはバラつきあり

まず、フィリピン人講師の発音は程度の差こそあれ、訛りがあります

ネイティブ英語への憧れが強い方にとっては、少し違和感を感じてしまうかもしれません。

 

ただ、稀にひどい講師はいるものの、英会話レッスンとしては十分許容範囲内です。

 

理由としては、以下の3つがあります。

  • もはやネイティブ英語がスタンダードではない
  • フィリピン英語はネイティブに通じる
  • レッスンで訛りは移らない

 

英語はグローバルな共通言語として浸透しています。

その結果として、今や英語話者の7割以上が非ネイティブだとされています。

 

つまり、外国の方とコミュニケーションすることがあるとすれば、そのほとんどは非ネイティブ同士の会話だということです。

 

実際、ぼく自身も仕事でいろんな国に出張しましたが、地域によってそれぞれ訛りがあり、独特な英語を話します。

しかし、これも立派な国際コミュニケーション。「訛りがあるからコミュニケーションが取れない」では、英語人材として能力が足りないと見られてしまいます。

 

フィリピンだけでなく、ネイティブではない英語話者とのコミュニケーションを経験できるのも、オンライン英会話の大きな魅力ですね。

 

また、フィリピンのアメリカ向けコールセンター事業の話で触れたように、フィリピン人の英語はネイティブにしっかり通じます

その上、1日たかが25分レッスンをしたところで、訛りが移る心配はありません

むしろ訛りが移るくらい集中できているなら、英語力爆伸びは間違いないですね。

 

というわけで、フィリピン人講師には多かれ少なかれ発音に訛りがありますが、まったく気にする必要はありません

料金の安さを享受しつつ、どんどんレッスンを受けていきましょう。

 

通信トラブルが若干多い

2つ目のデメリットとして、フィリピン人とのオンライン英会話レッスンには通信トラブルが多いことが挙げられます。

特に講師が自宅からレッスンをしている場合は、通信環境が不安定だったり、犬やニワトリの鳴き声など雑音が多かったりと、環境がいいとは言えません。

 

どうしても気になる場合は、全レッスンがオフィスからの通信であるQQ Englishなどを利用するといいですね。

ただ、基本的に各社、トラブルがあった場合はレッスンチケットを補填してくれます。

 

また、レッスンが続行できないレベルの不具合というのは、毎日レッスンを受けても一カ月に一度あるかどうかです。

少ない頻度のトラブルを避けて完璧なサービスを求めると、当然レッスンの料金は上がります

 

オンライン英会話でフィリピン人レッスンを受けるなら、細かいことは気にせずどんどんレッスン数をこなしていくことが大事ですね。

 

フィリピン人講師のオンライン英会話まとめ

フィリピン人講師のオンライン英会話まとめ

以上、フィリピン人レッスンが受けられるおすすめのオンライン英会話を紹介した上で、その魅力やデメリットをお伝えしました。

フィリピン人講師は総じて英語力が高いですし、なにより圧倒的にレッスン単価が安いです。

 

オンライン英会話は毎日継続するからこそ効果があるといえます。

月6千円台で毎日質の高いレッスンが受けられるのは、フィリピン人講師のおかげだといえますね。

 

各社無料体験があるので、ぜひ一度体験してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

-オンライン英会話, オンライン英会話の悩み

© 2021 YOSHI BLOG