オンライン英会話 オンライン英会話の口コミ・比較

レアジョブとDMM英会話を徹底比較【1分で選べます】

2020年8月18日

【一目瞭然】レアジョブとDMM英会話の違いがスッキリ分かる比較解説

オンライン英会話のレアジョブとDMM英会話って、どちらも人気みたいだけどどう違うのかな?
両方使った人に、くわしく教えてほしいです。

 

このブログを運営している よし (@yoshiblog0721)です。
独学で英語を勉強してきて、TOEICは満点を取り、オンライン英会話のおかげでスピーキング力もアップしました。
レアジョブとDMM英会話、どちらも利用経験があるのでわかりやすくご紹介しますね。
時間がない方は、すぐ下に比較表を置いてますので、そちらだけでも理解できるようになっています!

YOSHI

 

ぼく自身、オンライン英会話については以下の5つを利用した経験があります。(すべて有料会員で、最低でも1か月以上利用しました)

  • DMM英会話
  • ネイティブキャンプ
  • レアジョブ
  • Cambly
  • QQ English

 

今回はその中でも、レアジョブDMM英会話について、比較しつつ選び方をご紹介しますね。

 

まずは2つのサービスを一覧で比較すると、以下の通り。

特に項目名を赤字にしたところが、選ぶ際の大きな決め手になってくるかと思います。

レア
ジョブ
レアジョブ
DMM
英会話
DMM英会話
月額料金
(税込)

(6,380円)

(6,480円)
レッスン時間
(25分)

(25分)
レッスン回数
(1日1回)

(1日1回)
レッスン予約
(無料)

(無料)
在籍講師の質
(採用率1%)

(良い)
通信環境
(良い)

(良い)
講師の国籍×
(フィリピンのみ)

(127か国)
教材の種類
(少なめ)

(10,000種類以上)
営業時間
(朝6時~深夜1時)

(24時間)
無料体験
(2回)

(2回)
スマホ
アプリ

(レッスン用)

(単語学習用)
その他ビジネス
コース
あり
ネイティ
プラン
あり
公式HPレア
ジョブ
DMM
英会

※代表的なプランで比較しています。

 

細かい部分は省略して、選び方をざっくりお伝えすると、

厳選された講師・教材でコツコツ続けたい方⇒ レアジョブがおすすめ!(厳選されたフィリピン人講師・教材)

さまざまな国籍の講師・レッスン教材を楽しみたい方⇒ DMM英会話がおすすめ!(127か国の講師・10,000以上の教材)

となるかと思います。

 

ただ、どちらも長く人気があるサービスで、選んで失敗ということはほぼないです。

無料体験があるので、自分の性格的に合いそうな方を選んで、まずは試してみるのがおすすめですね。

 

\厳選されたフィリピン人講師/

レアジョブ公式ページはこちら

※体験レッスンが2回無料!

 

\講師国籍・レッスン教材が豊富/

DMM英会話公式ページはこちら

※体験レッスンが2回無料!

 

あわせて読みたい

 

本記事では、2つのサービスの違いについて、さらに詳しく深堀りしていきます。

 

レアジョブとDMM英会話を口コミで比較

レアジョブとDMM英会話を口コミで比較

まずは、オンライン英会話ユーザーの方々がどんな選び方をしているのか、見ていきましょう。

当サイトで独自に集めた口コミに加え、Twitter上で見つけた生の声をまとめてみました。

 

20代会社員男性の口コミ

友人から勧められたことと、他のオンライン英会話と比較して割安だったのでレアジョブに決めました。

講師はフィリピン出身の先生が中心だと思いますので、色々な国の英語に触れてみたいという方には物足りないかもしれません。

でも明るい先生が多く、雑談も楽しかったので毎日続けた結果、自分でも英語の力がついたと思います。

 

レアジョブはフィリピン人講師だけなのでバリエーションには欠けますが、その分厳選された講師なので、続ければ力がつくことは間違いないですね。

YOSHI

 

20代会社員男性の口コミ

レアジョブを選んだ理由は、会社の上司がやっていたことと、ネットでのクチコミがよかったからです。

受講し始めて半年たった頃、ベトナムに1ヶ月半海外出張に行きました。

英語が主なコミュニケーションツールだったのですが、店員さんや仕事仲間と簡単な日常会話ならスムーズに会話することができ、レアジョブをやっていたおかげだと感じました

 

オンライン英会話を続けた結果、英会話ができるようになると本当にうれしいですよね。

YOSHI

 

30代会社員男性の口コミ

DMM英会話を選んだ理由は世界中に数多くの講師がいることです。

この2年間で英語もだいぶ上達を感じられるようになりました。

逆に悪かった点は講師によっては質が低い講師もいることです。

私は評価星4.5以下の講師は予約しないようにしています。

 

DMM英会話はやはり127か国という多様な講師陣が魅力ですね。
たしかに中には残念な講師もいますが、講師の評価がチェックできるので、それを元に選べば失敗が少ないです。

YOSHI

 

「DMM英会話のサポートがよかった」

 

ぼく自身は、レアジョブを使っていたときにも上記のようなサポートに助けられたことがありました。
どちらも大手だからこそ、不具合の際にも迅速に対応してもらえて安心ですね。

YOSHI

 

以上、レアジョブ・DMM英会話に関する口コミをご紹介しました。

ざっくりまとめると、以下のような声が多いかなと思います。

 

口コミの内容
レアジョブ
  • フィリピン人講師しかいないが、続ければ力がつく。
DMM英会話
  • 世界中に講師がいて楽しい。

 

ぼく自身は飽きやすい性格なので、在籍講師の国籍やレッスン教材がバリエーション豊かなDMM英会話を続けています。
気分転換に新しい教材を試してみたり、聞いたこともない国の講師と話してみたりと、いい刺激になりますよ。

YOSHI

 

コツコツ続けられる方なら、レアジョブの良質な講師・レッスン教材は合うと思います。

どちらも質の高いサービスであることは間違いないですね。

 

レアジョブとDMM英会話の特徴を一覧で比較

レアジョブ・DMM基本情報

2つのサービスの違いは以下の比較表で見た通りですが、ここからは一つ一つの項目をより深く見ていきます。

 

レア
ジョブ
レアジョブ
DMM
英会話
DMM英会話
月額料金
(税込)

(6,380円)

(6,480円)
レッスン時間
(25分)

(25分)
レッスン回数
(1日1回)

(1日1回)
レッスン予約
(無料)

(無料)
在籍講師の質
(採用率1%)

(良い)
通信環境
(良い)

(良い)
講師の国籍×
(フィリピンのみ)

(132か国)
教材の種類
(少なめ)

(10,000種類以上)
営業時間
(朝6時~深夜1時)

(24時間)
無料体験
(2回)

(2回)
スマホ
アプリ

(レッスン用)

(単語学習用)
その他ビジネス
コース
あり
ネイティブ
プラン
あり
公式HPレア
ジョブ
DMM
英会

※代表的なプランで比較しています。

 

それでは、レアジョブとDMM英会話の共通点・違いについて一つずつ見ていきましょう。

 

レアジョブ・DMM英会話の比較【4つの共通点】

2つのサービスの共通点

まずはレアジョブとDMM英会話、2つのサービスに共通している点です。

 

1.月額6千円台で毎日レッスン!

まず価格については、1日1レッスンプランの場合、月額6,380円~6,480円(税込)とどちらもほぼ変わりません。

 

これは1レッスンあたり約200円であり、業界の中でも最安値に近いです。

コーヒー1杯分の値段で25分レッスンが受けられるって、一昔前では考えられなかったですよね。

 

もちろん探せばもっと安いところもありますが、レッスン教材が充実していなかったり、マイナーなサービスで講師の予約が取りづらかったりといったところも多いです。

 

サービス自体のクオリティが高く、さらに良心的な価格設定のレアジョブとDMM英会話はかなりコスパがいいです。

YOSHI

 

ちなみに、1日1レッスン以外にも、下記の通りレッスン回数別にプランが用意されています。

料金プランの違い

レッスン数レアジョブDMM英会話
月に8回4,620円
1日1回6,380円6,480円
1日2回10,670円10,780円
1日3回 15,180円
1日4回 17,600円

 

用意しているプランにこそ差がありますが、料金設定はだいたい似たようなものですね。

レアジョブは月8回プランもありますが、回数が減った割に料金は安くなっていないので、やはり1日1回プランあたりがコスパがいいかなと思います。

 

2.1回のレッスン時間は25分

レアジョブもDMM英会話も、1回のレッスンは25分です。

オンライン英会話では25分レッスンを採用しているところがほとんどですね。

 

25分というのは長すぎず短すぎず、ちょうどよい長さだと感じます。

 

3.予約制レッスンで習慣化に◎

両者とも、レッスン予約が必須となっていますが、これは初めてのオンライン英会話ではけっこう大事だったりします。

というのも、予約の必要ない「今すぐレッスン」だと、いつでも受けられるがゆえにサボりがちになってしまうからです。

 

レッスンが終わったらすぐ翌日分を予約することで、自然と習慣化することができますよ。

YOSHI

 

4.通信環境は安定している

オンライン英会話と切っても切り離せないのが、通信環境のトラブルです。

 

レアジョブとDMM英会話を使っていて、どちらも回線が悪くレッスンが途切れてしまったこともあります。

ただそんなに頻繁に起こるわけではないですし、他社と比べると安定していると言えるのではと思います。

 

また、冒頭の口コミでもあった通りサポートがしっかりしているので、何かトラブルがあればきっちり補填してくれることが多いです。

YOSHI

 

以上、レアジョブとDMM英会話に共通する部分を4つ見てきました。

 

レアジョブとDMM英会話の比較【7つの違い】

2つのサービスの違い

続いてレアジョブとDMM英会話の7つの違いを見ていきましょう。

このあたりが「レアジョブとDMM英会話、どちらのサービスを選ぶか」の決め手になってきます。

詳しく見ていきましょう。

 

1.在籍講師の国籍

まず、一番大きな違いが在籍講師の国籍ですね。

以下の通り、レアジョブはフィリピン人講師のみ、DMM英会話は127か国の講師が揃っています。

レアジョブDMM英会話
講師の国籍フィリピンのみ127か国

 

ただフィリピン人講師の英語レベルは高いですし、さらにレアジョブでは採用率1%と厳選されているので、より信頼できます。

なので、あとは個人の好みの問題かなと。

 

ぼく自身は、

  • マンネリ化を防ぎたい
  • 英語をツールとしてさまざまな国の人とコミュニケーションがしたい

といった理由から、講師国籍が豊富なDMM英会話を選んでいます。

 

いろんな国の人と触れ合って、文化の違いを楽しむというのも、オンライン英会話の醍醐味の一つかなと思います。

 

2.在籍講師の質

すでに触れましたが、在籍講師の質はどちらかといえばレアジョブの方が高いかなと感じます。

DMM英会話の講師がだめということではなく、レアジョブの方がより厳選されているという印象です。

 

オンライン英会話は料金が安い反面、時には残念な講師に当たってしまうこともあります。

そういったリスクを抑えられるという点で、レアジョブの厳選された講師陣は魅力ですね。

YOSHI

 

「フィリピン人講師とだけレッスンできれば十分」という方は、質を重視してレアジョブを選ぶのがおすすめですね。

 

3.レッスン教材のバリエーション

レッスン教材の種類も大きな違いで、並べてみると以下の通りです。

教材ラインナップの比較

レアジョブDMM英会話
レッスン教材オンライン英会話準備、日常英会話 、スモールトーク、デイリーニュース(音声付き)、ウィークリーニュース、発音デイリーニュース、会話、写真描写、健康とライフスタイル、 旅行と文化、ビジネス、キッズ英語、世界の文学、文法、発音、語彙、テーマ別英会話、ディスカッション、スピーキングテスト、IELTSスピーキング対策、TOEICスピーキングリアル模試、TOEFL iBTスピーキング、英検対策、公式ケンブリッジIELTSガイド、エレメンタリーリーディング・シリーズ、Let's Go、Side by Side、シーン別本当に使える実践ビジネス英会話、瞬間英作文、Grammar in Use、Speak Now、Passport

 

もちろん単純比較はできませんが、こうして並べてみるとレッスン教材の種類にはかなり差がありますよね。

DMM英会話のように教材のバリエーションが豊富だと、気分転換を兼ねていつもと違う教材を試してみる、なんてこともできるので飽きずに続けやすいです。

 

一方で、レアジョブは教材の種類自体は少ないものの、「日常英会話」という一つの教材の中で文法や発音などを総合的に学べる内容になっています。

とりあえずコレを選んでおけば、バランスよく英語力が鍛えられていくので、選ぶ手間が省けていいという考え方もあります。

 

僕は飽き性ですぐに目移りするのでダメですが、一つの教材をやり抜くタイプの方にはレアジョブがぴったりですね。

YOSHI

 

4.その他の料金プラン(ビジネス・ネイティブ)

通常プランに大きな違いはありませんでしたが、特定のニーズに応える特化型のプランには違いがあります。

 

以下の通り、レアジョブはビジネスコースと中学・高校生コース、DMM英会話はネイティブプランを用意しています。

レアジョブの料金プラン

レアジョブ
日常英会話月に8レッスン4,620円
1日1レッスン6,380円
1日2レッスン10,670円
1日4レッスン17,600円
ビジネス1日1レッスン10,780円
中学・高校生1日1レッスン10,780円

 

DMM英会話の料金プラン

DMM英会話
スタンダード1日1レッスン6,380円
1日2レッスン10,670円
1日3レッスン17,600円
ネイティブ1日1レッスン15,800円
1日2レッスン31,200円
1日3レッスン45,100円

 

もしこういった特定ニーズに応えるプランを選ぶなら、

  • ビジネス英語ならレアジョブ
  • ネイティブレッスンならDMM英会話

とあまり迷う余地はないですね。

 

ちなみにレアジョブのビジネスコースは、ビジネス英語専門のビズメイツと比較すると少し安いです(ビズメイツは1日1レッスンで月額13,200円)。

「ビジネス英語を専門的に学びたいけど少しでも料金は抑えたい」という方におすすめですね。

 

DMM英会話のネイティブプランは、1日1レッスンで月額15,800円と少し高く感じるかもしれませんが、ネイティブレッスンの相場からすると良心的な価格です。

例えば、ネイティブ講師のみが在籍するCamblyでは、毎日30分レッスンを受ける場合の料金は月額28,990円です。

 

ネイティブレッスンが受けられるプランとしては、DMM英会話は破格の安さだと言えます。

ぼく自身も、ネイティブレベルに少しでも近づけるよう、今はネイティブプランを継続しています。

YOSHI

 

5.レッスン可能時間

レッスン可能時間にも違いがあります。

レアジョブDMM英会話
受講可能時間朝6時~深夜1時24時間

 

日本在住の方なら真夜中にレッスンを受ける方は少ないと思いますが、たとえばレアジョブでは「出勤前の早朝5時にレッスンを受ける」などはできないので要注意です。

 

6.スマホアプリでできること

レアジョブはレッスン用のスマホアプリがあり、すぐに受講開始できるので便利です。

一方でDMM英会話にはレッスン用アプリはないので、インターネットでDMM英会話を検索し、その画面上で受講する必要があります。

 

とはいえレッスン画面はスマホに最適化されているので、始まってしまえば問題ないです(以下参照)。

スマホレッスンの様子

 

PCで受ける場合はどちらもブラウザ上での受講が可能で、特に問題なくレッスンが受けられますね。

 

加えて、DMM英会話にはレッスン用アプリはありませんが、実は人気の単語学習アプリ「iKnow!」が無料で使えます。

iKnowが無料

 

ボキャブラリーを強化するためのアプリになっていて、

  • 「英会話」・「ビジネス」・「TOEIC」など、目的別に英単語が学べるコース
  • iKnow!に対応するレッスン教材の重要語彙をまとめて復習

といった使い方ができます。

 

人気教材の「デイリーニュース」など、対応しているレッスン教材からワンクリックで重要語彙を転送でき、脳科学に基づいた記憶しやすいタイミングでクイズを出題してくれるので、レッスンの復習にも最適です。

本来は月額1,510円のサービスなので、DMM英会話を選ぶならぜひ利用したいですね。

 

7.無料体験でできること

最後に、どちらも無料体験では2回レッスンを受けることができますが、以下の通り若干の違いがあります。

  • レアジョブ: レッスン2回+カウンセリング1回
  • DMM英会話: レッスン2回(日本人講師は1回だけ可能)

 

オンライン英会話の使い方に迷っている方は、レアジョブで日本人カウンセラーに相談してみるのもアリですね。

一方でそもそも外国人講師といきなり話すことに抵抗がある方は、DMM英会話で日本人講師から始めてみるのもおすすめです。

 

以上、レアジョブとDMM英会話の共通点・違いについてでした。

改めて比較表をおさらいすると、以下の通りです。

レア
ジョブ
レアジョブ
DMM
英会話
DMM英会話
月額料金
(税込)

(6,380円)

(6,480円)
レッスン時間
(25分)

(25分)
レッスン回数
(1日1回)

(1日1回)
レッスン予約
(無料)

(無料)
在籍講師の質
(採用率1%)

(良い)
通信環境
(良い)

(良い)
講師の国籍×
(フィリピンのみ)

(132か国)
教材の種類
(少なめ)

(10,000種類以上)
営業時間
(朝6時~深夜1時)

(24時間)
無料体験
(2回)

(2回)
スマホ
アプリ

(レッスン用)

(単語学習用)
その他ビジネス
コース
あり
ネイティブ
プラン
あり
公式HPレア
ジョブ
DMM
英会

※代表的なプランで比較しています。

 

直感的にどちらかが自分に合いそうだと感じたら、まずは無料体験してみましょう。

どちらも2回レッスンが受けられるので、迷っている時間がもったいないです!

 

\厳選されたフィリピン人講師/

レアジョブ公式ページはこちら

※体験レッスンが2回無料!

 

\講師国籍・レッスン教材が豊富/

DMM英会話公式ページはこちら

※体験レッスンが2回無料!

 

あわせて読みたい

 

ブログ筆者がDMM英会話を選んだ理由

当ブログの筆者がDMM英会話を選んだ理由

冒頭でお話しした通り、ぼく自身は過去にレアジョブとDMM英会話どちらも利用していました。

 

そんな僕がなぜ今DMM英会話を続けているかというと、レアジョブとの違いとしては以下の3点です。

DMM英会話を選んだ理由


132か国もの講師と英会話が楽しめる

レッスン教材が豊富でマンネリ化しづらい

アプリ「iKnow!」ですきま時間も単語が学べる

 

長く続けるにあたっては、その時々でレッスン教材や講師を柔軟に変えられる、DMM英会話が自分には合っていました。

あとはiKnow!を使って、すきま時間でさくっと英語が学べるのも大きいですね!

 

レアジョブとDMM英会話の比較まとめ!

【比較した結論】レアジョブとDMM英会話、どっちがおすすめか

以上、レアジョブとDMM英会話について比較しつつご紹介しました。

レア
ジョブ
レアジョブ
DMM
英会話
DMM英会話
月額料金
(税込)

(6,380円)

(6,480円)
レッスン時間
(25分)

(25分)
レッスン回数
(1日1回)

(1日1回)
レッスン予約
(無料)

(無料)
在籍講師の質
(採用率1%)

(良い)
通信環境
(良い)

(良い)
講師の国籍×
(フィリピンのみ)

(132か国)
教材の種類
(少なめ)

(10,000種類以上)
営業時間
(朝6時~深夜1時)

(24時間)
無料体験
(2回)

(2回)
スマホ
アプリ

(レッスン用)

(単語学習用)
その他ビジネス
コース
あり
ネイティブ
プラン
あり
公式HPレア
ジョブ
DMM
英会

※代表的なプランで比較しています。

 

いろいろと細かな違いはありますが、大枠としてはやはり

厳選された講師・教材でコツコツ続けたい方⇒ レアジョブがおすすめ!(厳選されたフィリピン人講師・教材)

さまざまな国籍の講師・レッスン教材を楽しみたい方⇒ DMM英会話がおすすめ!(132か国の講師・10,000以上の教材)

といった選び方をしておけば間違いないかと思います。

 

なにより無料体験でレッスンが2回無料なので、ピンときた方をまずは試してみるのがおすすめです。

 

\厳選されたフィリピン人講師/

レアジョブ公式ページはこちら

※体験レッスンが2回無料!

 

\講師国籍・レッスン教材が豊富/

DMM英会話公式ページはこちら

※体験レッスンが2回無料!

 

あわせて読みたい

 

いろいろと試して、自分に合ったオンライン英会話を見つけていきましょう。

最後までお読みいただき有難うございました!

-オンライン英会話, オンライン英会話の口コミ・比較
-,

© 2021 YOSHI BLOG